【レビュー】『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』あらすじ感想など紹介【ネタバレ有】

今回は映画『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』のあらすじとか感想とかをネタバレ有で紹介したいと思います。

見てきましたよ!いや~映画館はそれなりに混んでましたけど、結構良い席でしっかり堪能してきました!

こんな人に読んでもらいたい!

  • シン・エヴァがどんなだったか、とりあえず知りたい人
  • シン・エヴァの感想を聞いてから見に行こう!と思っている人
  • パターン青な人w

この記事を読んで戴ければ、きっと余計に気になって『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』を見に行きたくなるに違いないでしょう。

 

スポンサーリンク

【感想の前に】『エヴァンゲリオン新劇場版』序・破・Qのあらすじ

『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』の感想を語る前に、まずは『エヴァンゲリオン新劇場版』はなんぞや?ってところから。

大災害「セカンドインパクト」後の世界を舞台に、人型兵器「エヴァンゲリオン」のパイロットとなった少年少女たちと、第3新東京市に襲来する謎の敵「使徒」との戦いを描いたTVアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』(1995年 – 1996年放送)をリメイクしたものである。

引用:エヴァンゲリヲン新劇場版-Wikipedia

全4部作で構成される『エヴァンゲリオン新劇場版』は『序』『破』『Q』の3つが既に映画化・公開され、最後の4つ目となるのが『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』になります。

既に公開された『序』『破』『Q』はどんな内容だったのかを簡単にまとめると―――

『序』『破』は第3新東京市を襲ってくる使徒とのバトルして、最後にはサードインパクトが起きて人類がほぼ滅亡。

『Q』は滅亡した世界で生き残りを賭けてネルフと反ネルフ組織であるヴィレがドンパチやったら、フォースインパクトが起きそうになって、それを未然に防いで終了―――ってカンジでしょうか。

なので『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』はその後の話になりますね。

今ならAmazonプライムビデオで『エヴァンゲリオン新劇場版』の『序』『破』『Q』が見れますよ!

Amazonプライムの登録方法やメリット・デメリットについてはこちらの記事をどうぞ。

【2021年版】今更だけど登録しようとしてる人必見!Amazonプライムの登録方法やメリット・デメリットを解説
今回は【2021年版】Amazonプライムの登録方法やメリット・デメリットを解説したいと思います。 ...

 

『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』の感想【ネタバレ有】

ではここからはネタバレ有で感想を書いていこうと思います。

『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』のストーリー・あらすじ

ストーリーをざっくりお伝えすると。

『Q』で人類は全滅したかと思っていたけど結構生き残っていた!ってところからスタートし、最終的にネルフVSヴィレはシンジの活躍でヴィレの勝利。エヴァのない世界でハッピーエンドってカンジです。

タイトルの『:||』通りで、結果的にはいわゆるループものでしたね。

最終的には旧劇場版と同じような結果になりつつも、カヲル君を含めてチルドレン達は全員幸せをつかめたのでハッピーエンドといっていいエンディングでした。

何よりエヴァンゲリオンは、この『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』でちゃんと完結しました。

旧劇場版みたいに「きもちわるい」の一言で「は?え?どゆこと?」とはならないエンディングでしたので、それだけでも見に行く価値はあったなぁと思える劇場版でしょう。

 

相変わらず訳がわからないことが多すぎ

ぶっちゃけキュゥべえじゃなくても「わけがわからないよ」と言いたくなるようなカンジでした。

とにかくわからない固有名詞が多すぎです。

その固有名詞自体は入場者特典でもらえる冊子にズラッと記載されてはいるものの、説明はないですしね。そういうもんだと無理やり納得させて見るしかない感じでした。

特にわからないのは加地さん関連ですかね。

ニアサードインパクトを加地さんが止めたらしいんですけど、どうやって止めたのかがわからないですし。ゲンドウがよく座っている椅子に座ったカヲル君に対して、冬月副指令の立ち位置に立つ加地さんが「渚指令」とか呼んでみたりしてますし。

もう「どういうことなんだーーーー!!!??」ってなりましたね。公式ガイドブックとか発売されないと判明しないでしょう……発売されるかなぁ(遠い目)

とはいえこういった謎に対する様々な考察をされている人は結構いて、ブログやYoutubeに公開されていますので、気になる人は見てみるのも面白いですよ。

 

ゲンドウの心情が語られるシーンがあって良かった

個人的に今回の劇場版で一番あって良かった・分かり易かったなぁと感じたシーンは「ゲンドウの心情が語られるシーン」でしたね。

アニメ・旧劇場版の時からあまり明確になっていなかったのが「なぜ碇ゲンドウは人類補完計画にそこまで固執するのか?」ではなかったですか?

まぁ碇ユイに対する執着は何となくわかってはいたものの果たしてどういった……どこまでの感情を持っていたのか、がわかりにくかったんですよね。

ですが今回の『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』では碇ゲンドウがどんな人間で、碇ユイに対してどんな感情を抱いていたかが、ちゃんと描かれているんですよね。

このシーンによって碇ゲンドウの行動理念がはっきりして、よりわかり易くなったのではないかと思います。ユイの心情も知りたくなるまであるカンジでした。

とはいえゲンドウのユイに対する依存度の高さは想像通りでしたけどね。

ゲンドウとユイは愛し合っているだろうから許される話でしょうけど、そうでなかったら激ヤンデレ気質のストーカーレベルですからね、ゲンドウって。

 

なんかモヤモヤするカップリング

エヴァでのカップリングを想像すると大抵は「シンジ×アスカ」か「シンジ×レイ」ではないですか?

まぁ腐女子なら「シンジ×カヲル」とかもあるかもしれませんがw てっきり私も「シンジ×アスカ」か「シンジ×レイ」かなぁと思っていたのですけれどね。

それがまさかの「シンジ×マリ」とか! 超衝撃的でしたよ……

確かにこの『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』では後半やたらとシンジとマリが絡むシーンがあるなぁとは思っていましたけど、まさかこの2人が!?ってなりましたね。しかもこのシーン、最後の最後だしw

それから「アスカ×ケンスケ」にも驚きが隠せませんでしたしね……なんか超モヤモヤしますよ、このカップリング。

まぁアスカは成長しないとはいえ15歳+14年=29歳の精神年齢ですから、15歳のシンジに対して今更恋愛感情を抱けない気持ちはわかりますけど……若干加地さんっぽいケンスケとそんなイイカンジになるとか……

恐らく同じ風にモヤモヤする人が多いことでしょう。

 

【まとめ】エヴァンゲリオンを完結させよう

いかがでしょうか。

旧劇場版とは違い、ハッピーエンドだと十分に言える綺麗な終わり方をしてますので、この『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』を見て、エヴァンゲリオンというモノを完結させてもらえたらと思います。

とはいえ上記でも描いた通りで、一回くらいじゃ見ても「わけがわからない」と感じる人が多いでしょうけれどね。実際私も半分理解しているかどうか……ってカンジですし。

ですがとりあえず1回は見に行っていただけると良いと思います。十分に「見てよかった」と感じさせてくれる作品でしたから。

是非、映画館に足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

以上。

コメント

タイトルとURLをコピーしました