原作と全然違う!?映画『るろうに剣心 最終章 The Final』あらすじ・感想・評価【ネタバレ有】

今回は映画『るろうに剣心 最終章 The Final』を見てきたので、そのあらすじや感想、評価等をネタバレ有でご紹介したいと思います。

原作漫画を読んでいる私としては、原作との違いがやたらと心に引っかかった作品でしたね……

こんな人に読んでもらいたい!

  • 『るろうに剣心 最終章 The Final』をまだ見ていない人
  • 原作漫画との違いを知りたい人
  • 『るろうに剣心 最終章 The Final』を映画館で見るに値するか知りたい人

この記事を読んで戴ければ、『るろうに剣心 最終章 The Final』の魅力を知れるだけでなく、きっと見に行きたくなることでしょう。

 

スポンサーリンク

『るろうに剣心 最終章 The Final』のあらすじ【ネタバレ有】

究極のクライマックスー。「るろうに剣心」のすべてがここに。アクション感動超大作、二部作連続公開!

「剣心にとって最も大事なエピソード。これをやらずに、るろうに剣心は終われない」と覚悟を決めた製作陣が挑んだファン待望の最終章! 剣心に復讐するため、東京を総攻撃するシリーズ最恐の敵・。 これまでのるろ剣オールスターが集結し、剣心のため、新時代のため、最後の戦いへ挑む究極のクライマックス「The Final」。 さらに、戦いの理由は幕末へと遡り、剣心の頬に刻まれた〈十字傷の謎〉に迫る「The Beginning」へと続いていく。「The Final」で明かされる、剣心が斬殺した妻・の存在。 剣心はなぜ〈不殺の誓い〉を立てたのか?そして剣心はなぜ妻を斬殺しなければならなかったのか? 「るろうに剣心」の始まりと終わりを描く、時空を超えた二つのアクション感動超大作が2021年GW、遂に幕を開ける!

引用:映画『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning』公式サイト

さて、大まかなあらすじですが―――

上海マフィアの頭目である雪代縁が横浜に現れる。それを斎藤一ら警官隊が捕縛するも、釈放。縁は剣心への復讐の為に動き出す。

第一の標的は剣心たちの馴染みの店である牛鍋屋「赤べこ」。アームストロング砲による爆撃で「赤べこ」は全焼。剣心は砲撃場所だど思われる場所に乗り込むもそこには誰もおらず「人誅」と書かれた紙が残っていた。

そして第二の襲撃。前川道場と署長宅が襲われる。左之助に前川道場を頼み、剣心は署長宅へ。そこで乙和瓢湖とバトルとなり勝利。しかし乙和瓢湖の自爆攻撃により署長宅は全焼する。

剣心は自分が原因なのでは?と考えていたところに、縁が登場。剣心に恨みの持つ人間による復讐劇であることを伝え、近々総攻撃があることを匂わせて去る。

自分への復讐を知った剣心は、ことの成り行きを薫や左之助たちに全て話す。かつて自らの手で殺めてしまった自分の妻の弟・縁による復讐なのだと。

そしてその数日後に行われる総攻撃。東京は火の海に。そんな中、剣心のいない神谷道場に現れた縁は薫を連れ去っていく。

さらわれた薫を救うべく、剣心は縁のいる上海マフィアのアジトへと向かう。有象無象に現れる縁の手下を巻町操や斎藤一に任せて、剣心は縁のもとへ向かい、一騎打ちに。

辛くも剣心が縁を打ち破り、ハッピーエンド。

―――ってカンジですかね。

全体的に見れば、ほぼ原作漫画に準拠していたと言える展開でしたが、原作漫画を読み込んでいる人からしたら、やはり若干の差異が気になるストーリーでしたね。

 

『るろうに剣心 最終章 The Final』の感想と、原作漫画との違い【ネタバレ有】

ココからは実際に『るろうに剣心 最終章 The Final』を見た感想と、気になった原作漫画との違い・差異について語っていきたいと思います。

 

新田真剣佑の演技が良かった

まず一番に感じた感想がコレですね。。。

新田真剣佑の演技が素晴らしかった!

まずアクションが良かったです。これはもちろん佐藤健に対しても言えることなんですけど、剣心と縁のバトルシーンが最高でしたね。

そして意外に声が良かったんですよね。縁のイメージにあってたんですよ。

この『るろうに剣心 最終章 The Final』は一般的には「人誅編」と呼ばれているのですが、この「人誅編」はテレビアニメ化されていないんですよね(OVA版はあるのですがほぼ喋らなかったのでノーカンでw)

もしテレビアニメ化されたら新田真剣佑をキャスティングしても問題ないくらい、イメージ通りであってました。

 

まさかの神木隆之介の登場に、唖然

確かに原作漫画でも人気のあるキャラクターですよ。瀬田宗次郎って。それに神木隆之介さんも人気俳優さんですよ。間違いなく。

だけどそれだけで出しちゃう? 原作漫画には絶対に出てこなかったのに、全く関わりがない(まぁ煉獄がらみでなくはないけど)のに。。。

流石に唖然としちゃいましたね。。。え……?ってなりましたw

だって必然性がないんですもの。なぜこのバッチリなタイミングでいるの?ってなりますよ。ご都合主義の極まったなって思わずにはいられませんよねw

 

数多くあった原作漫画との違いが気になった

『るろうに剣心 最終章 The Final』では原作との違い・差異は結構見て取れました。

私が気付いたところを箇条書きにすると―――

  • 鯨波兵庫が赤べこで食事をしない
  • 乙和瓢湖が自爆攻撃(弥彦とのバトルがなくなる)
  • 縁が神谷道場だけでなく東京の街を全て爆撃する
  • 神谷道場襲撃の前に巻町操・四乃森蒼紫が東京へ来る(薫に頼まれたわけではないのに巴の日記帳を持ってくる)
  • 四乃森蒼紫と八ツ目無名異のバトル発生。その後蒼紫が負傷する
  • 巻町操と八ツ目無名異のバトル発生(操・勝利)
  • 斎藤一と戌亥番神のバトル発生(斎藤一・勝利)
  • 左之助と戌亥番神とのバトルがなくなる
  • 四星とのバトルがなくなる
  • 瀬田宗次郎が登場し、剣心と共闘する
  • 有象無象な雑魚キャラが多数出現し、集団バトル発生
  • 弥彦が一切戦わない(奥義の伝授もなし)
  • 必殺技関連は一切なし(狂経脈など)
  • 鯨波兵庫と弥彦とのバトルなし(なので恨みつらみ持ったまま逮捕される)
  • “刀狩”の張が斎藤一を裏切って縁につくも、縁と戦って殺される

―――などなど、これ以外にも多数ありました。

やはり実写映画化をするにあたり、どうしても避けて通れないものも多かったのだと思いましたね。

盛り上がりを考えると剣心が雑魚キャラをバッタバッタとなぎ倒していくシーンとかが欲しかったのでしょう。ですが志々雄の「集団による国盗り」に対する縁の「恨みを持つ同士たちによる少数の復讐劇」ってカンジだったので、ちょっと微妙になっちゃったり。

四乃森蒼紫役の伊勢谷友介さんが逮捕されたことによって、変な展開でのフェードアウトが発生したり。それにより何とも微妙な巻町操と八ツ目無名異のバトルが発生しちゃったり。

まぁとにかく色んな思惑が見てとれましたが、その中でも一番やっちゃダメな、一番やって欲しくなかった箇所がありました。

それは外印の設定を変えてしまったことによる原作崩壊ですね。

外印は一番最初の映画「るろうに剣心」で綾野剛さんが演じた武器商人・武田観柳の護衛役―――なんですが、原作漫画では設定が全然違います。

原作漫画での外印は志々雄一派の十本刀「夷腕坊」という人形の中の人で登場した縁の同士の1人であり、この「人誅編」ではものすごく重要な役どころだったのです。

それは屍人形の作成ですね。

『るろうに剣心 最終章 The Final』でも微妙に表現されていましたが、縁は巴と同じ世代の女性を殺すことが出来ないというトラウマを抱えています。

ですが縁の剣心への復讐劇は「剣心の愛する人を殺すことで苦しみを与える」というモノでしたので、愛する人―――神谷薫を殺す必要がありました。

そこで出てくるのが屍人形です。人形を作る技術に精通している外印が、死体から神谷薫そっくりな屍人形を作り出して、縁はそれを使って殺したように見せたのです。

原作漫画ではこの作戦が見事に成功し、剣心は生きる意味を見失って落人村へと落ちていきます。

そしてそこで巴の父親との会話をきっかけに自らの中の答えを見出して立ち上がり、縁のもとへと向かい、そして―――

「剣と心を賭してこの戦いの人生を完遂する!」それが拙者の見出した答えでござる!!

―――と、縁に宣誓する名シーンへとつながるのです。

ですが『るろうに剣心 最終章 The Final』ではもう外印が出てこないのでこの屍人形が出てきません。

なので神谷薫を殺されたことによる剣心の苦悩―――からの決意・復活―――からのこの名シーンが全部なくなってしまったのですよ!

「剣と心を賭してこの戦いの人生を完遂する!」それが拙者の見出した答えでござる!!のシーンこそが、この「人誅編」のキモと言ってもいい部分なのに、コレがなくなるって……って愕然とし、失望にも似た感情を覚えましたよ……

きっと原作漫画ファンは同じように思うことでしょうね。

 

【まとめ】原作漫画とは別物として見れば十分面白い作品

いかがでしょうか。

『るろうに剣心 最終章 The Final』を見た私の個人的な感想を一言でまとめると、原作漫画とは別物として見れば十分面白い作品でした。

特にやはりウリであるアクションシーンにはかなり魅せられましたね! 剣心と縁のバトルシーンなんかは敢えて剣戟の音だけという演出があったりなんかして凄かったです。

圧倒的なビジュアル、そして迫力のアクションシーンは必見です! ぜひ映画館で楽しんでください。

まぁ個人的には『るろうに剣心 最終章 The Final』より『るろうに剣心 最終章 The Beginning』の方が実は楽しみなんですけどねw

何せ幕末モノですし。それにやはり良く知られている歴史上の人物が多数出てきますからね。。。桂小五郎とか高杉晋作とか。超楽しみです。

今から6/4(金)公開予定の『るろうに剣心 最終章 The Beginning』が待ち遠しいです。

以上。

コメント

タイトルとURLをコピーしました