【物語シリーズ】「続・終物語」の副音声にも出演した「忍野 忍」出演のおすすめ副音声ランキングTOP10(+1)

スポンサーリンク

アニメ【物語シリーズ】のDVD・Blu-ray特典である副音声。その出演キャラの中でも2代目副音声ではメインヒロインと名高いのが「忍野 忍」

可愛い。とにかく可愛い。あんな可愛い幼女が影に住み着いてくれるなら吸血鬼になることも辞さない。好きなキャラのタイプと言えば「黒髪ストレートロングヘア美少女」な俺が、彼女の登場で「金髪ロリ幼女吸血鬼」に推し変しかけたレベルである。

そんな「忍野 忍」溺愛の俺プレゼンツ。是非聴いてほしい「忍野 忍」出演のおすすめ副音声をランキング形式でご紹介。ネタバレ注意。

【2019/4/3追記】続・終物語分を追加

【ランキング条件】

  • 「キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレード(以下キスショット)」と「忍野 忍」は同一人物とみなす。
  • 完全に独断と偏見による
【物語シリーズ】「続・終物語」も含めたアニメ【物語シリーズ】副音声キャラ出演回数ランキング
アニメ【物語シリーズ】のBlu-ray・DVDについている特典ともいうべき副音声。 主要キャラクター達が様々なコン...

 

スポンサーリンク

【第11位】『続・終物語』「こよみリバース 下」

出演話 副音声出演者
こよみリバース 其ノ肆 キスショット・斧乃木 余接

否定姫がハワイ押しする回。淡々と正論を吐いて褒め続けるのは、鉄血でも熱血でも冷血でもなければ吸血鬼でもないうつくし姫。そのキャラの違い過ぎに、あの死体人形の余接が死にたくなるほど。流石にアロハとマハロで乗り切れてないが。

このキャラがのちの続編「業物語」の残酷童話「うつくし姫」のキャラかと思うと、複雑であると言わざるを得ない。

 

【第10位】『憑物語』第一巻「よつぎドール(上)」

出演話 副音声出演者
よつぎドール 其ノ壹 忍野 忍・斧乃木 余接
よつぎドール 其ノ貳

ロリコンビ・バージョン違いでお届けする副音声。基本的に余接と絡む副音声は本編に触れないことのが多いのだが、この作品に至っては珍しく2人とも副音声の仕事をしてる。

副音声の仕事にも慣れてきたのか、あるいはツッコミの仕事にも慣れてきたってことなのか、忍がノリツッコミし始めるようになる。流石は「金髪のロリ奴隷」……って確かに現実でそんな単語が出ると危ないどころの話ではないが。

そして改めて思うのが、意外と多い忍のコスプレ・私服姿。色々あるけど、一番は……

この羽川のコスプレ。敢えて千石と同じ中学の制服っていうのがたまらない。

 

【第9位】『終物語』第七巻「ひたぎランデブー」

出演話 副音声出演者
ひたぎランデブー 其ノ壹 キスショット・斧乃木 余接
ひたぎランデブー 其ノ貳

満を持しての、忍野 忍の復讐回(未遂)。キスショットへと戻った忍が、余接に復讐するべく積極的に副音声に参加した回だったのだが……結果的にはいつも通りのツッコミ担当。完全体になったからかツッコミがいつも以上に冴え渡り、細かいボケにも丁寧に対応してる。

2人して阿良々木君を責めつつ、2人して戦場ヶ原と阿良々木くんのデートを解説してくれるのだが、その中で斧乃木ちゃんが言っていた―――

「キスショットと羽川がせっせと作り上げた阿良々木 暦というナイスガイを、戦場ヶ原 ひたぎが高速でかっさらっていったといった」

―――っていうのが、的を得ていて……というかド真ん中・ド直球過ぎ。

 

【第8位】『終物語』第四巻「しのぶメイル(上)」

出演話 副音声出演者
しのぶメイル 其ノ壹 忍野 忍・斧乃木 余接
しのぶメイル 其ノ貳
しのぶメイル 其ノ參

終始責められっぱなしな忍が印象的な回。恋物語以上に恋愛がらみと言っていい「しのぶメイル」のテーマについて真剣に語りつつ、斧乃木ちゃんに責められて、終始押され気味で言い訳ばかりな598歳の吸血鬼がそこにはあった。

そんな恋愛がらみで、この物語シリーズが恋愛シミュレーションゲームになったら羽川ルートはないだろうって言ってたけど、激しく同意。っていうか無理だろ。フラグが立つ要素ないし。

だけど物語シリーズのカーナビがあったら買いたい。「この先の断崖を、まっすぐです」って言われるようなカーナビでも、間違うなく買うわ。

ちなみに山本周五郎先生の「美少女一番乗り」は、ちゃんと存在してる。


電子書籍はもちろん、古本ならamazonでもあるようだ。読んでないが。

 

【第7位】『終物語』第六巻「まよいヘル」

出演話 副音声出演者
まよいヘル 其ノ壹 キスショット・八九寺 真宵
まよいヘル 其ノ貳

忍野 忍の攻めパート回 。キスショットへと戻った忍が、今まで散々副音声でだまされてきた八九寺に対して仕返しをする、珍しく攻める側の回。とはいえ小学5年生に対して目潰しとか、牛裂きとか、石抱きとか……どんだけ恨み骨髄なんだって話。

そして新たな怪異が生まれた回。その名も「ディープキスショット・アダルトオリオン・ハートアンダーブライダル」。鉄道にして、熱海にして、弱冷房車の吸血鬼らしい。

さらにユニットも結成。その名も「チームおとな?りさん」。メンバーがディープキスショットさん以外に、真宵お姉さん、臥煙さん、影縫さんと相当濃いメンツ。

ただ、一つ訂正したい点。阿良々木君からの八九寺に対するハグシーンは『偽物語』以来って言っているが、『鬼物語』でハグしてるはず。忍・余接・八九寺の3人に嚙み付かれて悦に入っている阿良々木君が印象的だったから覚えてる。

 

【第6位】劇場版『傷物語』Ⅰ 鉄血篇

出演話 副音声出演者
Ⅰ 鉄血篇 キスショット・忍野 メメ

10歳児のキスショットがお届けする回。まさしく肉体年齢に精神年齢が引っ張られていると言っていい少女のキスショットと大人の忍野 メメとでお送りされた副音声。完全に忍野 メメのペース。ダメ出しされてるし、説教食らってるし。

そんな中、8歳児の時とは違う面を見せたがる忍が可愛い。10歳児は馬鹿にし返すそうで……「ばーか、ばーか、しねー」だって。マジ超かわいい。

そして見事だったのは声優・坂本真綾さんの1人芝居。

10歳児のキスショットと完全体のキスショットがお送りする副音声は素晴らしかった。忍野 メメじゃないけれど、8歳児のキスショットと10歳児のキスショットがお届けする副音声も聴いてみたかった。

 

【第5位】『終物語』第五巻「しのぶメイル(下)」

出演話 副音声出演者
しのぶメイル 其ノ肆 忍野 忍・神原 駿河
しのぶメイル 其ノ伍
しのぶメイル 其ノ陸

ロリ奴隷とエロ奴隷の奴隷コンビがお届けした唯一の回。神原と組まされた忍が本気で嫌そう。「あの時殺しておけばよかった」とか言っちゃうレベル。だがその珍しいコンビの掛け合いはかなり面白い。終始神原の元気さに、忍が相当やられてるが。

それから「忍野忍」のキャラを掘り下げて説明?してるような回でもある。なぜか「越乃寒梅」に強いこだわりを持っていたり。なぜか「徳川家継」の名前だけ憶えてるのに、主様の名前がうろ覚えで「阿良々木コヨーテ」だったり。

因みに「越乃寒梅」とは……

酒のこと。どうでもいいか。

そんなどうでもいい話ばかりしてるが、本編で結構シリアスな言い合いをしていた2人がそのままその副音声をお送りしているので、その辺りが逆に見どころ。

 

【第4位】『鬼物語』第二巻「しのぶタイム(上)」

出演話 副音声出演者
しのぶタイム 其ノ壹 忍野 忍・斧乃木 余接
しのぶタイム 其ノ貳

ある意味副音声史上伝説になる可能性がある回。それは余接の目論みで、副音声なのに敢えて本編には全く触れないという暴挙。さらには初めてのロリコンビ・バージョン違いでの副音声。

忍も流石にぽかーん、さらにはきょとーん。それが可愛い。そして終始ツッコミを入れることになる忍。たとえツッコミを完全にマスターしてる。

そんな中、斧乃木ちゃんがいくつか面白いプレゼンしてくれるのだが、捨て案のブラコンゲームを是非とも商品化して欲しい。

確かに「12人の妹が―――」まで聞けば

だと思うかもしれないが、余接の案は違う。「12人の妹が兄を手に入れる為に知略策謀入り混じる騙し合いを演じる物語」らしいから。そりゃプレイしたくもなる。

 

【第3位】劇場版『傷物語』Ⅱ 熱血篇

出演話 副音声出演者
Ⅱ 熱血篇 キスショット・羽川 翼

本人曰く、地獄のような副音声。完全に別人と言わざるを得ない春休みの羽川 翼に、完全に手玉に取られてるキスショットこと「キスちゃん」

そんなキスちゃんの「にゃにゃめにゃにゃじゅうにゃにゃどのにゃらびでにゃくにゃくいにゃにゃくにゃにゃはんにゃにゃだいにゃんにゃくにゃらべてにゃがにゃがめ」は必聴。

それ以外は、もうほとんどがパンツの話。まぁ本編がパンツの印象が強かったってのもあるが。阿良々木君はパンツにひれ伏してるし。だけど流石にギロチンカッターが可哀想。

そして最後に朗報。


キスショットはパンツを履いてないらしい。

 

【第2位】『偽物語』第三巻「かれんビー(下)」

出演話 副音声出演者
かれんビー 其ノ陸 忍野 忍・八九寺 真宵
かれんビー 其ノ漆

忍野 忍の 副音声初登場回。前の巻である『偽物語』第二巻「かれんビー(中)」にて阿良々木君となし崩し的に和解した結果、副音声に呼ばれることになった最初の回。初回ということで、保護者同伴。影発生装置として阿良々木君が副音声スタジオのブースの外に居るという夢の競演。

とにかく八九寺との掛け合いが面白い。ネタが潰瘍を起こしたり、ガロリーが低下したり。カッコイイセリフ対決の「あの男をクズと呼んでいいのはわしだけじゃ!」と「阿良々木さんにボコられていいのは私だけです!」はどっちもどっち。

さらに忍の生体が明らかに。寝たいから寝ているだけでらしい。さらに影の中でDSとかやってるらしい。どんなゲームをしてるのかちょっと気になる。

そしてロリコンビ誕生に伴い、ひたすらロリ押し。最後のセリフを含め、何回ロリって言ったのか是非とも誰かに数えてもらいたい。

最後に一番の萌え要素情報を。

「忍ちゃん、ミスタードーナちゅが大しゅきなの~」は絶対聴くべき。阿良々木君が萌え死んだほどの破壊力。

 

【第1位】『傾物語』第一巻「まよいキョンシー(上)」

出演話 副音声出演者
まよいキョンシー 其ノ壹 忍野 忍・八九寺 真宵
まよいキョンシー 其ノ貳

副音声出禁となったロリコンビ復活回。【第2位】『偽物語』第三巻「かれんビー(下)」でやり過ぎて怒られて副音声出禁となったロリコンビが、視聴者の暑い要望にお応えして復活した回。

もちろん反省の色はない。騙されて副音声に呼ばれるしね、忍。もし仮に忍メインの恋愛シミュレーションが発売されるのなら絶対買うけれども。

それに忍って、意外と周囲の目を気にしているっていうね。

後輩から慕われまくり!?ってそんな言葉に引っかかるとか。チョロ可愛い。器が小さく思われてると心配しちゃったりとか。さらにトーク力があることを見せたいって……誰にだよって話。

そして八九寺とのロリコンビも「かれんビー(下)」の副音声を経てさらに磨きがかかってる。

基本的にはツッコミ担当な忍も、ボケに回ったりするし。でんでんやマイマイを呼び出すところなんかマジ笑える。もちろん「キスショット・アセロラロリオン・ハートアンダーティーン」のバランス性を重視しましたには爆笑。

 

【まとめ】忍・八九寺のロリコンビが最高

八九寺とのロリコンビがワンツーフィニッシュ。八九寺Pの手腕が存分に発揮された結果かと。

今後続編が出ると予測して。いや確信するとして。望まれるコンビは、やはり「戦場ヶ原・忍」。

副音声でも語っていたが、副音声はおろか本編でも一度も絡んでいないコンビ。阿良々木君の表側の彼女である戦場ヶ原と、裏の彼女ともいうべき忍がお届けする副音声はドキドキすることだろう。もちろん八九寺とのコンビも聴きたいが。

 

以上

コメント

タイトルとURLをコピーしました