スポンサーリンク

リゾバしたいなら必読!雪山でのリゾートバイトでキツイこと・ツライことを3つ紹介

スポンサーリンク

皆さんは、リゾバをしたことがありますか?

リゾバとはリゾートバイトの略です。観光地での住み込みアルバイトのことをだと思ってもらえれば想像できるかと思います。

 

私はその5年前に、長野県の雪山の上でリゾートバイトを経験したことがあります。

何て言うか、アレですね。いきなり住むところがなくなったので、とりあえず住み込みバイトでもと考えていた時にリゾートバイトを知って、「丁度いいや、経験としてやってみよう」と思っての応募でした。

スムーズに面接が終了し、即採用。12月の頭から翌年3月末までの期間限定の住み込みバイトとして働くことになったわけです。

 

わけですが……色々しんどかった。

今回はその経験を元に、これから雪山でのリゾートバイトを考えている人に知っておいた方が良いキツかったこと・ツラかったことをご紹介したいと思います。

これを事前に知っておくと、そのキツイこと・ツライことを回避できるかもしれないので是非読んでもらいたいです。


スポンサーリンク

住み込み用の部屋が相部屋だとキツイ

リゾートバイトの場合、相部屋のことがあります。

4人部屋に押し込まれて、部屋にはテレビが1台、自分のスペースは1畳くらいパターンも少なくありません。

これがかなりキツイですね。同室のヤツがどんなに合わないタイプでも仲良くしないといけなくなるからです。

コミュニケーションの取り方を失敗して気まずくなっても部屋の交代は基本的に認められないことが多いですし、序盤でつまづくと期間いっぱいその状態で耐えないといけなくなります。

下手をすれば洗濯とか掃除とか押し付けられたりする可能性や、毎日部屋で飲み会が開催されて付き合わされる可能性すらありますから。

 

「俺、どんな奴でも仲良くできるし。っていうか気にしないし」っていうコミュニケーション能力に自信がある人でないとキツイかと思います。

 

★ 個室が選べる所が良い

なので個室を用意してくれる勤務地を選ぶことをおすすめします。

個室ならストレスフリーです。誰もいない部屋で1人の時間を満喫できます。

ふざけたヤツが相部屋だと、知り合ったばかりの同じバイトの女を連れ込んで一緒に生活してたなんてのもあったりもするらしいので、絶対に個室が良いですよ。

 


 

仕事が選べないとキツイ

雪山でのリゾートバイトでの仕事は、大きく分けると「建物の中での仕事」か「建物の外での仕事」になります。

どちらもメリット・デメリットがあるので、自分にあった職を選べないとキツイです。

 

 

建物の中での仕事のメリット・デメリット

まず「建物の中での仕事」はリフト券の受付業務(主に女性)や、売店やレストランでの接客や厨房での仕事が多いです。

メリット・デメリットはこちら。

メリット

  • 温かいところで仕事できる
  • 同じアルバイターに女性が多い
  • 仕事内容が比較的楽

デメリット

  • 建物の外での仕事より給料が安い
  • 休みが少ないこともある
  • 忙しい時間帯がある

メリットとしては暖かいところでファミレスのアルバイトと変わらない仕事をすることでしょうか。

デメリットは外での仕事に比べて休みが少ないことです。人数をギリギリで回しているとこも少なくないので休みが少なくなることもあるかもしれません。

 

 

建物の外での仕事のメリット・デメリット

次に「建物の外での仕事」ですが、「リフト係」が多いです。

客をリフトに安全に乗せるのがメインで、積雪が凄くてリフトが動かせない時は雪かきをしたりもします。

メリット・デメリットはこちら。

メリット

  • 建物の中での仕事より給料が高い
  • 猛吹雪の場合、急遽休みになったりする
  • 休憩時間が多い

デメリット

  • とにかく寒い
  • 吹雪の中での雪かきは地獄

メリットは通常業務の場合、休憩時間が多いってことです。

リフトに乗せるのは大抵2人1組で1人30分やったら交代して1人30分休憩だったりしますね。

その上リフトから客を安全に下ろすだけの仕事もあり、そっちは椅子に座って1人で見てるだけです。休憩時間してんのと変わらないですね。

デメリットはやはり吹雪の時が大変だってことです。その中での雪かきするとマジで地獄ですから。ガチで辛いので覚悟はいりますね。

 

どちらもメリット・デメリットはあるので、自分の目的に合う方を選べないと「なんでこんなとこまできてこんなことを」と思ってしまいます。

逃げられない環境いるから、辞めたくてもすぐに辞められないんです。それは本当にキツイですよ。


 

食事にこだわり・好き嫌いがあるとキツイ

これは標高がそれなりにある雪山の上で住み込む際にクリアしておいた方が良い条件と言えるのかもしれませんね。

実はそういった場所での住み込みバイトで出される食事には偏りがあります。

食事の偏り

まず基本的に生魚が出にくいですね

刺身とか食べられないことが多いです。山の上まで持ってくることを考えると、鮮度を必要とするような食材は駄目だってことなのでしょうね。

次にコロッケの比率が高かったりします。

揚げ物の中でも安い部類だからでしょうかね。これは場所によって違うのかもしれませんが1週間に1回は出てましたw。

 

飲み物代は自腹

お茶とか水とかはタダなことが多いでしょうが、コーラとか飲みたい場合は当然自腹なわけで、これがキツイですね。

いわゆる「山料金」ってヤツです。業者がわざわざ山の上まで持ってきてるから値段が高いんですよね。

350mlのコーラ缶が200円しますから。お酒も売ってますけどそれらも全て割増しです。当然おつまみも。

 

なので食事にこだわりがある、好き嫌いが多い人にはキツイと思います。

そんな食生活には耐えられないでしょうし、お金も掛かってしょうがないですから。

私も当時、わざわざ休みの日に山を下りて寿司を食べに行ったことがありましたね。せっかくの休みを何に使ってるんだって気になりますよ、アレは。


3つのツライことをクリアした勤務地探すなら『リゾバ.COM』

そんなキツイこと・ツライことのあるリゾートバイトですが、それらは在籍スタッフ業界最大数を誇る『リゾバ.com』でなら解決できますね。

案件数も業界でトップなので条件にあった場所を選べますし、勤務終了まで徹底サポートしてくれるのでかなりおすすめです。。

  • 仕事件数 :約2600件(2020年1月現在)
  • 仕事エリア:北海道から沖縄まで幅広く対応
  • 仕事期間 :短・中・長期から好きに選べる

 

職種も選べるし、個室や相部屋などの条件も選べます。

高時給の案件も多数あるし、寮・食費・光熱費が無料だったり、交通費は往復分を支給されたりと稼ぎたい人にも向いています。

 

未経験が9割を占めることもあり、初心者にも安心です。

私もリゾートバイト初心者だったのでこの『リゾバ.COM』を利用したのですが、担当者が本当に親身になって対応してくれました。

結構面倒な条件とか言ったんですけど担当者は嫌な顔とかしなかったですよ。個室が良いだの、時給が高いトコがいいだの、女子が多いトコがいいだの、結構言いましたよw

 

なのでリゾートバイトを考えている人は、とりあえず『リゾバ.com』へ。

 

 

以上。

コメント

タイトルとURLをコピーしました