パチスロは生活出来ても割に合わない。趣味レベルで抑えられないなら止めておけって話

スポンサーリンク

自分はフリーター時代、パチスロにハマっていた時期がありました。

ノリ打ちや連れ打ちなんてやり方もありますが、パチスロは基本的に1人で行う遊戯。ぼっち向きだったこともあり、趣味の範疇を超えてほぼ毎日パチンコ屋に通ってましたね。

 

ぶっちゃけ、かなり勝ってました。自慢ですwww。トータルで数十万単位のプラスです。

 

そんな夢のある?話をすると「そんなに稼げるなら仕事辞めてスロプロになろうかなぁ」なんて考える人がいると思います。

ですが、自分はおすすめしません。趣味レベルなら構いませんが、プロとして仕事としてパチスロをすることは止めた方が良いです。

 

今回はそんな話をしようかと思います。

 

スポンサーリンク

そもそもパチスロで、生活できるのか

結論から言います。

 

今の所はまだ、ちゃんとやればパチスロで生計を立てることは可能です。

 

・・・まあ言いたいことは分かります。「今の所はまだ」と「ちゃんとやれば」って所が引っかかりますよね。

 

今の所はまだ―――とは

パチスロ業界は、年々追い込まれています。

 

「射幸性をあおり過ぎた結果、若者が働かなくなったから」という名目の下で、パチスロは年々厳しい規制を敷かれ、どんどん稼ぎづらくなっています。

それにより、パチスロ人口は減少が加速しており、パチンコ店も閉店へと追い込まれている店舗も少なくないのが現状です。

 

ですが、今の所はまだ規制前のパチスロ台が使えることもあり、すぐに稼げなくなるといった状況ではありません。

 

ちゃんとやれば―――とは

パチスロで稼ぐというのは、かなりの重労働の上に長い目が必要なんです。

 

毎日の閉店前にデータ等のチェックを行い、それらをパソコン等で纏めて翌日の狙い台を決め、翌日朝早く、下手すれば前日の夜からパチンコ店に並び、パチンコ店が開店したら、長い時間座りっぱなしで遊戯し、さらに基本的に休日なく稼働します。

それでも日単位、月単位では利益が出ずマイナスのこともあります。それでも年間単位という長い目ではプラスになると信じて毎日遊戯し続けるんです。

 

長い目で見ながら、そういったことを面倒くさがらずちゃんとやれば稼げるということですね。

 

パチスロをおススメしない理由とは

その理由をいくつかご説明します。

労力に合わない

規制により年々得られる利益が減ってきています。

なのに労力は変わりません。

 

現状、自分の見立てでは月30日10時間稼働で平均20万稼げればまとも・・・寧ろ優秀な方ですが時給換算したら、労働時間300時間ですから666円。

 

正直やってられないですよね。

 

完全に労働。楽しくない。

好きなパチスロ台を好きなだけ遊戯出来るのであれば、そりゃ楽しいかもしれません。

 

ですが実際利益を得ようと思ったら、そのほとんどが我慢です。

 

利益の出るパチスロ台を、ただただ稼ぐ為だけにひたすらに遊戯する。利益の出る台を探すために、ただただひたすらパチンコ店を回遊する。

 

完全に仕事です。労働です。楽しくないです。

 

先行きが不安

先程も言った通り、パチスロ業界は年々追い込まれています。

 

この状況がいつまで続くかわかりません。

 

良くなるかもしれませんが、いつ稼げなくなる時代が来てもおかしくはありません。

また、そんな生活をしていると貴方自身の先行きも見えなくなっていきます。ずっとその生活が出来ればいいですが、いざ生活が出来なくなった時にパチスロで生計を立てていたような人を企業が雇うでしょうか?

 

パチスロによって得た知識や技術は、その業界以外では役に立たないものがほとんどなんですよ。

 

【まとめ】趣味レベルで抑えられないなら手を出さない

お金を稼ぐツールとして捉えず、お小遣いの範囲で遊ぶ趣味としてなら構いません。

ゲームのようなものですしね。色んなアニメや漫画、ドラマなんかとタイアップしてますし。面白いということは間違いありません。

 

ですがやはりそこはギャンブル。

 

一定の中毒性は否定できませんから、趣味レベルで抑えられないなら手を出さない方が利口です。

コメント