『幼なじみが絶対に負けないラブコメ』第8話あらすじ・感想!白草と急接近!旅行のマジックにやられてしまうのか!?【ネタバレ有】

今回は2021年春アニメ『幼なじみが絶対に負けないラブコメ』の第8話のあらすじ・感想をネタバレ有でご紹介したいと思います。

今回の見どころは、白草の水着お披露目シーンですかね!

こんな人に読んでもらいたい!

  • 『幼なじみが絶対に負けないラブコメ』に興味がある人
  • 何か面白いアニメないかなぁと探している人
  • 『幼なじみが絶対に負けないラブコメ』の面白さを共有したい人

この記事を読んで戴ければ、知らない人は面白いアニメに出会えることでしょうし、既に知っていて好きだという人とは喜びや面白さを共有することが出来ることでしょう。

第7話のあらすじ・感想についてはこちら

『幼なじみが絶対に負けないラブコメ』第7話あらすじ・感想!再びすれ違う2人!そして群青同盟本格始動!【ネタバレ有】
今回は2021年春アニメ『幼なじみが絶対に負けないラブコメ』の第7話のあらすじ・感想をネタバレ有でご紹介したいと思います...
スポンサーリンク

【※感想の前に】今ならAmazonプライムビデオで『幼なじみが絶対に負けないラブコメ』が見れる!

現在数多くの見放題な動画配信サービス(VOD)ありますが、アニメ見るならAmazonが提供するプログラムである『Amazonプライムビデオ』がおススメです。

そして今なら『幼なじみが絶対に負けないラブコメ』も見ることが出来ます!

 

Amazonプライムビデオ

  • 料金:月額500年・年額4900円
  • 作品数:約8000本
  • 画質:SD・HD・UHD
  • 無料体験:30日間無料トライアル

『Amazonプライムビデオ』は『Amazonプライム』が提供するサービスの1つです。

『Amazonプライム』会員になれば『Amazonプライムビデオ』以外にも様々なサービスが受けられます。

Amazonプライムのメリットやデメリット、登録方法についてはこちらの記事をどうぞ。

【2021年版】今更だけど登録しようとしてる人必見!Amazonプライムの登録方法やメリット・デメリットを解説
今回は【2021年版】Amazonプライムの登録方法やメリット・デメリットを解説したいと思います。 ...

『幼なじみが絶対に負けないラブコメ』第8話のあらすじ・感想【ネタバレ有】

第8話 逆襲の白草

料理勝負を宣言する白草と真理愛。その状況に困惑する末晴と、他人事だとばかりの態度の哲彦。男2人のあまりにもな態度にツッコミを入れつつ、真理愛の姉である絵里はその勝負を取り仕切る。白草は唐揚げが作りたかったようだが、絵里の仕切りで鍋対決となった。

なぜどんなに白草は唐揚げ推しなのか。。。アレか、唐揚げには自信がある的な? それにしても意外とはっきりと意思表示が出来ない辺りは、白草の本来の性格ってカンジなんだろうかね。

食材を探して選ぶ一同。そんな中、1人カメラを回す玲菜に気付く末晴。こういった旅行になれていない玲菜を気を遣うように真理愛が声を掛ける。その心遣いに笑みをみせる玲菜。仲睦まじい様子に末晴は安心する。

哲彦と玲菜は異母兄弟なわけで、それで旅行に行ったことがないって辺りから推測すると、玲菜の方の家は貧乏な家庭なのではないだろうか。あのゲスい父親に捨てられて母子家庭で育った的な。だからこそお金にがめつい一面があって、だから哲彦も気にかけている的なカンジで。

喫茶店でアイスを食べる女性陣を尻目に買い出した食材を車に載せていた末晴は、ふと黒羽のことを思い出す。それに対してズバリの指摘をする哲彦。動揺しながらも助言を仰ぐ末晴。それに対する答えがあまりにも常識外れで呆れるも羨ましいと感じつつ、末晴は哲彦と共に女性陣のもとへ。

確かにハーレムは夢だし、刺されて死ぬのは本望かもしれないが、流石にリアルに言えるヤツには会ったことがないわw まぁでも黒羽・白草・真理愛でハーレムはまず無理だな。周りを蹴落として自分が彼女の立ち位置をゲットすることに策略を巡らせすぎだし、末晴バカだしw

すると車の陰から現れる真理愛と玲菜。先程の末晴と哲彦の話を陰から聞いていたのだ。その会話に新たな情報を得たと喜ぶ真理愛。なぜ?と疑問符の玲菜。それに対して自分の恋愛におけるポジションを真理愛は語って聞かせるのだった。

年下のくせに結構冷静だよね、真理愛って。普通に黒羽・白草より自分や周りが見えている分、大人なカンジがするけれど、このパターンは負けフラグだろうってことには気付かない辺りはどうなのよ?って気もするけど。

車で白草の家の別荘へとたどり着いた一同。どう?と白草に聞かれて躊躇なく土下座をして敬語で感謝を述べる末晴。そんな末晴にある意味で感心する哲彦と玲菜。じゃれ合う末晴たちを制し、中へ入ることを促す絵里。

別荘へと入り、その素晴らしさに感動する一同。寝室の部屋割りを決め、2階のテラスで思い思い堪能する。すると末晴が白草に提案を持ちかける。水着を着て、皆でお風呂の入ろうと。当然却下する白草。すると仲睦まじい2人を邪魔するように哲彦が末晴を持ち上げて海に放り込む。はしゃぐ面々。しかし白草だけは浮かない表情をする。

えっちぃのはダメって意外と白草はガードが堅いよね。逆に黒羽の方はそれも1つの手段として使ってきそうなカンジなのに。この辺りが勝敗を分けるかもしれないなんて思ったり。しかしアニメとはいえ、普通は別荘持ってる同級生とかいないよなぁ。。。

変わって黒羽の家。ダンスの練習をしていた黒羽。汗をふくタオルを渡す朱音。喧嘩してても割り切って行動できる黒羽に朱音は感心するも、末晴のことを指摘する。それを聞いて真理愛とラブラブしてるんじゃないかと嫉妬心をあらわにする黒羽。そのどす黒いオーラをまとう黒羽を対処しきれないと判断した朱音は、蒼依に助けを求めるのだった。

末晴がスケベなことは周知なんだから、この1日がどれだけ大きいかはわかってるだろうに。黒羽ってあくまでも末晴に対してマウントとりたいんだろうなぁいうのが見えるよね。だからこそ上手く行ってないんだけど、それはわかってないっていう……まぁ痛し痒しだからこその展開か。

変わって砂浜。ビーチバレーで遊ぶ末晴と真理愛、そしてそれを撮影する玲菜。すると「遊んできていい」と玲菜に声を掛ける哲彦。その言葉に嬉々として水着姿になる玲菜。その姿に鼻の下を伸ばす末晴に、哲彦はラリアットを噛ます。

学園ラブコメでここまで露骨にスケベ心を見せる主人公って珍しいよね。それにしてもお兄ちゃんしてるねぇ哲彦は。俺の妹をスケベな心で見るな!ってことでしょ?実はシスコン設定な部分もあるのかもしれないなぁ……なんて。

すると末晴のスマホに白草からLINEが。「水着姿を見せたいけどみんなの前じゃ恥ずかしいから、こっちに来て欲しい」というもの。喜びはせ参じる末晴。小さな砂浜に、白いベンチ。座って待つ末晴のもとに現れた水着姿の白草。その姿に照れながらもすごく似合っていると素直な感想を述べる末晴。その言葉に白草は嬉しさのあまり涙を浮かべ、その場に座り込んでしまう。

やっぱり打たれ弱いというか、メンタルが弱いタイプのキャラだよね、白草って。どっちかと言えばキャラデザ的には芯が強いタイプなんだけどなぁ。。。その辺りも普通の学園ラブコメにはないカンジがしますよね。

っていうかココの作画さ。女の子座りしてる白草のカットがあるべきじゃね? なんでそこがないのかなぁ……末晴視点なら上目遣いで谷間強調な白ビキニな白草なのに。わかってないなぁ制作陣。

心配する末晴をよそに白草は立ち上がり、今度は末晴の膝の上に座ってみせる。互いに顔を赤くする末晴と白草。見つめ合う2人―――ーってところで末晴のスマホが鳴り出す。真理愛からだった。この様子を皆で陰から見ていた……というか撮っていたのだ。

キレてる真理愛は、末晴に向ってダッシュ。逃げる末晴。追いつき末晴を抱きしめる真理愛に割って入ろうする白草。すると末晴の手が真理愛の胸にタッチ。ボロボロと胸から零れ落ちるパット。ドンマイと末晴。「末晴お兄ちゃんと殺して、モモも死ぬ―――ー!!!」と絶叫する真理愛だった。

末晴マジ死ねばいいのに!!

水着姿で膝抱っことか、健全な高校生には早すぎるでしょ!? っていうか攻めるねぇ白草。この辺りがメロメロにする作戦の1つなんだろうけど、やっぱり末晴のスケベ心を突いてくる辺りはやっぱりなぁと言わざるを得ないかね。真理愛のパットについては……まぁドンマイwww

部屋に戻ってダンスを披露する真理愛。その横で勉強する成績ヤバい末晴と、学年1位キープしてる特待生の玲菜。同類だと思っていた末晴に「勘弁してほしい」と玲菜は告げる。

やっぱりさっき書いた貧乏説が有力になったカンジがしますね。特待生になって学費を免除しないとやっていけない家庭環境ってことなんでしょう。

ダンスを終えた真理愛に関心する面々。哲彦に次のダンスを促される白草は、浮かない表情。ぎこちない表情でダンスを踊る白草。踊り終えた白草に対して辛口のコメントをぶつける哲彦。すると自分が踊って見せると末晴がダンスを披露する。流石のダンスに才能を感じる面々。落ち込む白草に、末晴は字助言する。その助言に白草は笑顔で感謝を述べるのだった。

キモイ!キモイよ!!

とにかくキモイよ!表情が特に!「誰得だよ!」とか通り越して「皆損だよ!」まであるわ!ってレベルのキモイ末晴のダンスだったわ。っていうか誰かに見てもらいたいって、白草が見てもらいたい人なんてお前以外にいねぇだろってツッコみたくなるよね。

夕食の支度―――つまり料理対決の準備を始める真理愛。その手伝いに台所に立つ末晴は、白草がいないことに気付く。真理愛曰く「何も言わずに出ていってしまった」とのこと。心配になった末晴は白草を探す為に外へ。

どうでもいいシーンでホントにブッコんでくるよね、真理愛って。コレが彼女の作戦なのかどうかはわからんけど、逆にひいちゃう可能性すらあると思うんだが。。。っていうかそれは別にしてもイイ子だよね、真理愛って。気がつくというか気が利くタイプで。

夕暮れの砂浜で座って1人でたそがれる白草。そこに現れる末晴。「一人になりたい」と言う白草に「強がらないでいい」と末晴は告げる。反発する白草。「あの頃とは違う」と。すると末晴は強さよりも素直であることの方が大事だと言う。そして料理対決諸々のフォローをする末晴。その優しさに触れて笑顔を見せる白草。

カッコつけたいけど意外にドジっ子なヒロインかぁ。。。確かに萌え要素は黒羽よりあるかもしれないな。こんな風にひとり言をつぶやく辺りも天然っぽさもあるしなぁ。キャラデザから考えてもギャップ萌え要素もあると。。。やるな、白草。

いいムードが2人を包み込む。2人の視線が交わり、互いの顔が近づき、そして―――というところで、蒼依に言われた「旅行のマジックには気を付けた方がいい」という言葉を思い出し、末晴は躊躇する。その躊躇に気付いた白草。先程とは変わった微妙な空気が2人を包む。そして何もないまま、2人は別荘へと戻るのだった。

据え膳って知ってる?って話だよね、コレって。白草的には末晴に黒羽の影が見えたかなぁ……ってカンジがするよね。こんな描写を見ると、やっぱり白草と黒羽だと黒羽の方がリードしてるように見えるんだよね。。。

次の日の朝。一台のタクシーが別荘の前に止まる。別荘では徹夜で遊んだであろう末晴と哲彦が床の上で寝ている。そこに現れたのは黒羽と、その姉妹たち。見られてはいけないものを見られたかのように末晴は動揺を隠しきれないのだった―――ってところで第8話終了。

 

【まとめ】『幼なじみが絶対に負けないラブコメ』第4話は新キャラ登場?ここから新展開に突入か?

いかがでしょうか。

やはりの水着回でしたが、もう少し水着姿を見せるカットがあってもよかったのでは!?と制作陣にクレームを入れたくなりましたねwww

それ以外だと白草の魅力をたっぷり伝えてくるカンジの回だったなぁという印象です。まさに「逆襲の白草」ってカンジで。ただあまり末晴との関係には進展が見えないのが何とも言えないカンジではありましたが。

次回は「逆襲の黒羽」でしょうかね。個人的には黒羽の水着カットはもちろんのこと、蒼依ちゃんの水着カットを期待したい所ではありますねw

果たして黒羽はこの旅行においてどんな策略を巡らせてくるのか……目が離せませんね!

 

以上。

コメント

タイトルとURLをコピーしました