【自分探ししてる人必見!】「本当の自分」を見つけ出す為のたった3つの質問

今回は自分探ししてる人必見!「本当の自分」を見つけ出す為のたった3つの質問を解説したいと思います。

自分がどういう人間なのかをあまり知らずに漠然と生きてると、いざって時に困るものなんですよ

こんな人に読んでもらいたい!

  • ついつい周りに合わせる傾向がある人
  • 質問された時に、何についても即答できない人
  • あまり幸せを感じていない人

この記事を読んで戴ければ、自分というモノを理解できるようになり、幸せってモノを掴むための必需品を手に入れることが出来ることでしょう。

 

スポンサーリンク

本当の自分を見つけ出す方法とは

本当の自分を見つけ出すことで、自分の中の軸がブレなくなります。

例えばブログを始めたいなって思った時に「何について書こうかなぁ」とか悩まなくなるでしょうし。お見合いパーティーに参加した時に「ご趣味は?」って聞かれてとっさに答えられないなんてこともなくなることでしょう。

そんな自分を見つけ出す為に必要な、自分自身への3つの質問をご紹介します。

 

【質問①】自分は何が好きなのか?

自分が好きなモノ、興味があるモノ、趣味だと言えるモノはありますか?

何となく「まぁコレは好きかな」くらいの軽いものではなく、「三度の飯より~」的なレベルのモノです。

これが答えられるかどうかで、人生の深みが変わってくるまである質問なわけですが、コレって意外に答えれない人が多いんですよね。

特に社会人にになるにつれて多くなる傾向です。

休みの日は何してるのかと言えば「とりあえず買い物」とか「とりあえず映画」とかに興じてしまっていたり。中には寂しい奴だと思われたくなくて「とりあえず飲み会」だの「とりあえずバーベキュー」だのっていう人もいることでしょう。

それは自分というモノが全く見えていないですよね。それではただただ人生を流れる様に生きているだけになってしまうことでしょう。

そうならない為にも、この「自分は何が好きなのか?」の質問に対する答え―――自信を持って「好き!」と言えるようなモノを作っておきましょう。

 

【質問②】自分は何がしたいのか?

一体自分は何がしたいのか、どうなりたいのか、どうありたいのかを考えたことがありますか?

これは「どんな仕事をしたいのか」といった具体的なモノもあれば、「困っている人がいたら迷わず手を差し伸べられる人間でありたい」といったモノまで含まれます。

つまり自分の中にある、行動理念ですね。

これを持っていないと、その場のノリや雰囲気に流されてしまったり、あるいは支離滅裂な言動や態度をとってしまうような軸のブレた人間になってしまいます。

そういった人間は信用・信頼されにくい傾向もありますし、何より魅力的に見えませんよね。自己嫌悪に陥ることだってあることでしょう。

そうならない為にも、この「自分は何がしたいのか?」の質問に対する答え―――自分が目標としている人物像を明確に思い浮かべられるようにしておきましょう。

 

【質問③】自分は何に幸せを感じるのか?

自分にとって「幸せだなぁ」と感じている瞬間はどんな時ですか?

幸せというのは相対的なものではなく、自分で感じる自分だけのモノです。他人から見たら全く幸せそうに感じないことも、本人が幸せだと感じるならそれで構わないモノなんです。

あくまで自己満足なものなんですよね。それが何なのか、ちゃんと自覚出来てますか?

それを「一般的には幸せと呼ぶのだろう」とか「皆が幸せそうだから、私も幸せに感じないと」などになってしまうのは間違いだし、漠然と「幸せかも」くらいな認識だとすぐに瓦解します。

明確に確実に「幸せだ!」と言い切れるくらいに感じることを持つこと―――それが大事なんです。

なのでこの「自分は何に幸せを感じるのか?」の質問に対する答え―――自分が幸せを感じたモノをしっかり覚えておくようにしましょう。

 

【まとめ】自分を知ることで幸せにつながる

いかがでしょうか。3つの質問をまとめると―――

POINT!

  • 自分は何が好きなのか?
  • 自分は何をしたいのか?
  • 自分は何に幸せを感じるのか?

―――になります。

より深く知るには様々なことを自分自身に問いかける必要はありますが、まずはこの3つが入り口になることでしょう。

自分らしい・自分にしかできない・自分だけの人生を歩む上で、この3つの質問に対する答えをちゃんと用意しているかどうか、今一度自分に問いかけてみてください。

一度しかない人生です。

死ぬ瞬間に「いい人生だった」と言えるような生き方をする為にも、自分を見つめ直すことは大切ですよ。

 

以上。

コメント

タイトルとURLをコピーしました