通勤時間で読むのに最適!仕事のやる気が出る漫画4選【名作・マイナー・話題作・アニメ化作品まで】

今回は通勤時間で読むのに最適な、仕事のやる気が出る漫画を厳選してご紹介したいと思います。

実際に私が読んだ漫画から厳選しています。選定基準が若干ニッチなのは否定しません

こんな人に読んでもらいたい!

  • 仕事にやる気も生きがいも見い出せない人
  • 毎日の仕事がとにかく頑張れない人
  • ♪一体どこにあるんだろ~君だけのやる気スイッチ~♪な人w

この記事を読んで戴ければ、朝から活力をもらえるだけなく、モチベーションを高めてくれる漫画に出会えることでしょう。

 

スポンサーリンク

バクマン。

一握りの者にしか得られない栄光を手にするため、険しい“マンガ道”を歩む決意をした二人。高い画力を持つ真城最高と、文才に長ける高木秋人がコンビを組み、新たなマンガ伝説を創る! 新時代成功物語開始!!

引用:バクマン。1/小畑 健/大場 つぐみ

一言で言うならば、漫画家を目指す漫画ですね。

中学時代のクラスメイトと共に、漫画家で一番になるべく毎日努力に努力を重ねるストーリーです。

平凡であることを自覚している2人の主人公・真城最高と高木秋人が「一番になるには努力しかない!」と毎日試行錯誤しつつ、とにかく「1に努力、2に努力」で頑張るその姿には、ホント心が動かされますね。

挫折というか上手くいかないことも多々あるんですけど、それでもめげずに頑張るんですよね。

特に4本同時進行で書き上げないといけないシーンの作画の真城は色んな意味でヤバいです。「マンガ家ってみんなあんな感じなのかなぁ」って思うと「自分の仕事ってまだマシだな」って頑張る気になりますね。

漫画家という仕事を限界まで頑張るその姿は、こちらのやる気を出させてくれることでしょう。そんな漫画です。

 

ベイビーステップ

小学生のときから、成績はずっとオールA! 几帳面でマジメな“エーちゃん”は、高校進学を機に軽~い気持ちでテニススクールに通い始める。そこで、ちょっぴりいい加減!?でも、テニスに懸ける情熱だけはマジメな美少女“ナツ”と出会い、テニスの魅力に取りつかれて人生激変!!

引用:「ベイビーステップ」既刊・関連作品

優等生がテニスに目覚めてプロを目指すスポーツ漫画です。

高校一年生でテニスを始めた主人公・丸尾栄一郎が、その魅力に心を奪われて没頭し、いつしかプロになることを夢見て行動するストーリーです。

スポーツマンガなのに主人公が平々凡々って辺りが特徴的です。ちょっと目が良いくらいの才能しかないんですけど、そこは真面目さと努力で何とかしていく展開なので凄く共感しちゃうですよね。

とにかく真面目なのでしっかり練習するし、几帳面なのでスケジュールもしっかりしてたりしますから、一般的な主人公像からはかけ離れてるカンジではあります。それが「これってもう仕事じゃね?」ってレベルなんですよね。

ですがそこが「自分もこれくらいしっかりやったら、夢が叶えられるかも」っていう気分にさせてくれて、こちらのやる気を鼓舞してくれるんですよ。

真面目にコツコツと積みあげていくその姿は、こちらのやる気を出させてくれることでしょう。そんな漫画です。

 

ヒカルの碁

ある日小6のヒカルは蔵で古い碁盤を見つける。その瞬間、碁盤に宿っていた平安の天才棋士・藤原佐為の霊がヒカルの意識の中に入り込んだ。佐為の囲碁に対する一途な想いが、徐々にヒカルを囲碁の世界へと導いていく…。

引用:ヒカルの碁 1/小畑 健/ほった ゆみ

平凡だった小学生が囲碁のプロを目指す漫画です。

碁盤にとりついた平安時代の棋士の霊にとりつかれた主人公・進藤ヒカルが、囲碁に目覚めてプロを目指すようになるストーリーです。

正直囲碁なんて全然わからなくても面白く読めるところが凄い作品ですね。やるな、ほった先生……いや、小畑先生が凄いのか?

佐為がヒカルの碁の中にいた!っていうシーンが最も印象に残ってますね……「ああ、いいシーンだぁ」って吐息でちゃうまでありますね。

小学生の頃に遊び半分で始めたヒカルも、成長するにつれ徐々に囲碁にのめり込んでいくんですが。

その姿を見てると「自分にはこれ程までに真剣にのめり込んだものってあったかなぁ」って気分にさせられて、「自分も少しくらい仕事、頑張ってみっかな」ってやる気が出てきますね。

人生をかけて1つのことにのめり込むその姿は、こちらのやる気を出させてくれることでしょう。そんな漫画です。

 

銀の匙

大自然に囲まれた大蝦夷農業高校に入学した八軒勇吾。授業が始まるなり子牛を追いかけて迷子、実習ではニワトリが肛門から生まれると知って驚愕…などなど、都会育ちには想定外の事態が多すぎて戸惑いの青春真っ最中。

引用:銀の匙 silver spoon 1|小学館

北海道を舞台にした、農業・畜産・酪農辺りがテーマの漫画です。

進学校を目指していたが挫折し農業高校に進学した主人公・八軒勇吾が、農業・畜産・酪農等々に触れて悩み、葛藤し、そして成長していく……みたいなストーリーです。

現実から逃げてきた八軒が、知らなかった世界に触れて徐々に成長していく成長モノですね。いい高校、いい大学に行くこと以外の進路の在り方を知った八軒がどんな選択をするのか、が楽しみな作品です。

序盤こそ北海道の農家あるあるみたいな作品ですが、後半に行くにつれ徐々に自分の進路について真剣に考え始め、そしてそれに向かって頑張っていくカンジです。

それを読んでると「自分にもそんな時があったなぁ」と懐かしい気持ちにさせられるだけでなく「今の自分はこんな風に真剣に考え、そして頑張れているかなぁ」と今の仕事への姿勢を考えさせられることでしょう。

自らの人生を真っ直ぐに見据えて考え行動するその姿は、こちらのやる気を出させてくれることでしょう。そんな漫画です。

 

漫画を読むならKindle Unlimitedがおすすめ!

Amazonが提供するKindle Unlimitedとは月額980円で豊富な対象タイトルの中から好きな本を好きなだけ読むことができるサービスです。

 

Amazon Kindle Unlimited

  • 月額料金:980円
  • 蔵書数:和書12万冊
  • ジャンル:本・雑誌・漫画
  • 無料期間:30日間

電子書籍リーダーKindle(キンドル)で電子書籍をUnlimited(アンリミテッド)=「無制限」に読むことができるので是非利用してみてはいかがでしょうか。

 

以上。

コメント

タイトルとURLをコピーしました