【ぼっちのカラオケ】カラオケの店員は「ヒトカラ」の客をどう思うのか。元カラオケ店員がお答えする。

スポンサーリンク

ぼっちだって、ストレスは溜まる。むしろ普通の人よりも余計に。たまには大声出してストレス発散したいって思うことは普通。そんなニーズに答えるべく生まれたといっても過言ではないのが「ヒトカラ(ひとカラ)」と呼ばれるものである。

「ヒトカラ」とはひとりカラオケの略。ぼっちカラオケのこと。この言葉が生まれてから、ヒトカラ専門のカラオケ店も生まれた。株式会社コシダカホールディングスが運営するひとりカラオケ専門店「ワンカラ」などが有名だが、その他にもネットカフェなどに一部ひとりカラオケ専門のブースがあったりする。

しかし。それにしたって専門店は圧倒的に少ない印象。なので近くに専門店がない場合は、普通のカラオケ店でヒトカラすることになるわけだが……やっぱり抵抗がある。別に寂しくも何ともないが、なんか周りにそう思われるんじゃないかとか考えてしまう。それにいくら周囲に見つからない様に気を遣ったとしても、どうしたって店員さんとは会話しなきゃいけない。

「いらっしゃいませ。何名様ですか?」「え、あ、あの、ひ、ひとりです」

この一言の抵抗感がぱない。この店員は俺のことをどう思ってるんだろう……寂しいヤツだなとか思ってんじゃないか……って思わずにはいられない。

では実際の所、カラオケ店の店員はヒトカラをする客をどう思っているのだろうか。その質問、元カラオケ店員の俺がお答えしよう。

 

スポンサーリンク

ヒトカラに対して店員は……

では店員はどう思うのか。

ぶっちゃけ店員は……特に何も思わない。いや、マジで。寂しいヤツとか、友達いないんだろうなとか、可哀想なヤツだなぁとか全然思わない。

なぜなら「ヒトカラ」という言葉が流行する前から、カラオケを1人で利用する人は意外に多かったからである。

それは昔からひとりでカラオケをしていた人がいたってだけではない。バンドでボーカル担当の客が練習の為に来たり。営業サラリーマンがネットカフェのように眠る為に来たり。吹奏楽部の学生が近くにスタジオがないから管楽器の練習の為に来たり。(楽器演奏は許可してくれる所としてくれない所があるので要注意)

なのでカラオケのお1人様利用は店員からしたら普通。だから店員は何も思わない。寧ろ1人で来られる方が部屋を綺麗に扱ってくれるから、店員からしたら嬉しい客だったりする

そんなもんなので、それほど気にする必要はないのだ。

 

それでもやっぱりヒトカラに抵抗のあるぼっちの人には

店員が何も思わないことはわかったけど、それでもやっぱりひとりカラオケには抵抗が……って人はいるかと思う。

そんなぼっちを助ける商品をご紹介。これさえあれば家で大声出してストレス発散、家でカラオケが可能かと。

叫びの壷

カラオケというよりは、叫んでストレス発散する為の商品。

誰かの悪口とか、汚い言葉も叫び放題。「アイツマジ使えねぇ」とか。「キモイんだよ、あのクソ上司が」とか。「うるせえババア」とか。これを口にぴったりと当てて叫ぶだけ。その叫び声はささやき声へと変化する。これを使えば、近所迷惑など考えずに大声を出すことが可能。

機械を通したりとか、電池が必要とかじゃなく、これ単独で使えるのがポイント。これを使って家でカラオケの練習するのもアリだが、それよりも家での晩酌ついでにキモイ上司や使えない後輩の悪口を叫ぶには持ってこい。

 

1人deカラオケDX 防音マイク

自宅でカラオケが出来る防音マイク。これを口にピタッとつけて歌えば、カラオケの練習が家で出来る優れもの。

イヤホン端子のある音楽再生機器であれば、何でもOK。スマホとかPCとか。自分の歌声をしっかり聞くことが出来るし、防音だけでなくエコーもかかるのでカラオケの練習向き。

これを使って万人受けするような曲を覚えて練習するのもアリかと。未だに飲み会というとカラオケって考える時代錯誤な上司はいるものだし、それに連れられて行くと大抵「お前、歌えよ!」みたいな空気で歌わされる可能性もあるのだから。

【ぼっちのカラオケ】ぼっちが忘年会・新年会の二次会カラオケ用に覚えておきたい曲10選【2018年版】
師走。今年も憂鬱な時期がやってきました……。そうです、忘年会のシーズンです。強制飲み会ってわけですね。もちろん年が明ければ新年会も待っています……。正直行きたくはないですが、こればっかりは中々避けようがないんですよね。なので仕方なく参加して

コメント