「調子に乗ってる」とはぼっちになる可能性。個を捨てて集団を選ぶことでぼっちは回避出来る。

スポンサーリンク

別の記事でも少し触れましたが、ぼっちになってしまう理由はいくつかあります。

その兆候の1つとして挙げられるのが、周囲から「調子に乗ってる」と思われることです。

皆さんは、言われたことってないですか?

https://pro-botti.com/botti_classification/

 

スポンサーリンク

「調子に乗ってる」は、ぼっちへの第一歩

「調子に乗ってる」という言葉の意味はいくつかあります。

肯定的な意味では「仕事が順調に捗ること」ですが、ココでの意味はそうではありません。否定的な意味で「いい気になる」ことです。

 

ではなぜ「調子に乗ってる」と、ぼっちになってしまうのか。

 

それは周りが見えなくなっているからです。

 

周りが見えなくなっているというのは、自分本位になっているということ。つまり他人とのコミュニケーションを欠いていることになります。

 

コミュニケーションは周囲に合わせる能力です。

そのコミュニケーションを欠いているということは周囲―――「集団」に合わせられていないことになります。

 

「集団」とは共通認識によって構成されています。

つまり同じものを同じように認識したり、同じように感じているというのが集団の条件であり、そこから逸脱されると、集団内の人間は不快に感じます。

 

それが「アイツ、調子に乗ってる」ってことです。

そしてそれを不快に感じるから排除したくなる―――これがぼっちになる可能性を秘めているわけで、イジメに繋がる可能性さえも秘めているんです。

 

自分も経験があります。

どうしても集団が共通して持つ考えに賛同出来ず反対意見を出してしまい、やれ「お前何調子に乗ってんだよ!」とか言われて殴られたり、やれ「いい気になってんじゃねぇぞ!」とかいって膝蹴りされたり。そしてそれを見てるだけの奴もいれば、自分と距離を取る奴も。

本当に集団って数の暴力ですよね。自分の場合、これでぼっちになりました。

 

 

ぼっちになりたくないなら、個は捨てる

大抵の人は、ぼっちになりたくないと考えていると思います。

今でこそプロぼっちとして誇りを持ってますが、自分もぼっちの辛い時はありました。その辛さは知っています。

 

だからこそ、自分は正しさより、綺麗事より、自分のとって生きていきやすい方法を取ることが大切だと思います。

 

なのでその上で、言わせてもらいたいです。

 

ぼっちになりたくないなら、個は捨てましょう。

 

「自分らしさ」なんていう個を、集団の中に求めてはいけません。集団は、決して個の集まりなんかじゃないですから。

そして集団から逸脱するような考えなんて述べてはいけません。集団の統一された考えを変えるなんて、普通の人間には早々出来ませんから。

 

そして集団の共通認識の把握に努めましょう。

 

主に他人を魅了・支配する程の求心力を持った人間の言動や考えの把握がメインです。所謂リーダー的存在のことですね。

その求心力も様々で、行動的(主に排除に対して)であったり、腕力(暴力で周囲をねじ伏せる)であったり、カリスマ性(コミュニケーション能力激高)であったりします。

 

そしてこの手のタイプの認識が集団の共通認識となっている場合が多いです。

なのでこの手のタイプの認識を理解する―――つまり不快にさせないことが大切ですね。

 

これはあくまでぼっちにならない為の手段の一つです。

個を押し通して集団に認識させることだって出来なくはないと思いますし、自分のようにプロぼっちの道へと足を踏み入れるという選択肢もありますしね。

 

 

【まとめ】ぼっちが辛いなら、個を捨てて集団に溶け込もう

「調子に乗ってる」がどうぼっちに繋がるのかについて解説させていただきました。

もし仮に、貴方が上記に記載したような求心力をお持ちなら当然ぼっちにはなりませんが、多くは集団を構成するその他大勢でしょう。

 

なのでぼっちになりたくないのなら、ココでの解説を意識してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました