【健康】スマホ使い過ぎで飛蚊症が酷くなったので対策となる食べ物を調べてみたら、アレ食っとけってなった

スポンサーリンク

最近飛蚊症が酷くなりました・・・。

飛蚊症とは視界にゴミとか虫のようなモノが飛んでいる症状です。

視線を移すとそのゴミも付いてくるかなりうざい代物で、主に加齢によって現れるものです。もちろん網膜剥離等の前兆症状として現れる場合もありますから、視界に映るそのゴミが急激に増えた場合は眼科診療した方が良いですよ。

 

自分の場合は小さいころからありましたね。先天性なこともあるようです。

ですが、これが最近酷くなってきたんですよ・・・もうあちこちウヨウヨしてますよ・・・

 

スポンサーリンク

飛蚊症は硝子体に濁りが出来ること。その原因は活性酸素

飛蚊症は硝子体と呼ばれる眼球の内腔を埋める透明なゼリー状の組織に濁りが出来ることによって発生します。

その濁りを発生させてしまうのが活性酸素です。アレですよ、老化の原因とも言われているヤツです。

だから飛蚊症の主な原因は加齢なんですね。

 

またパソコンの画面の見過ぎとかスマホの使い過ぎも飛蚊症の原因の1つになります。

ブルーライトですね。アレって紫外線の次に強い光なので、紫外線同様に活性酸素を発生させてしまうってわけです。

自分も最近スマホの使い過ぎなんでしょうね・・・寝る前とか真っ暗な部屋の中でスマホでYouTubeばっか見てる気がしますし。

 

でもしょうがない。

ぼっちにとってスマホは必須。文句一つ言わずにいつも傍にいて暇つぶしを提供してくれる最高の相方だし。

 

で。

 

この飛蚊症なんですが、ほとんどが加齢による老化現象なので治す方法がありません。(網膜剥離等による前兆症状なら手術する手もありますが)

まぁ今の所ですがね・・・そのうち出来るようになるのかもしれませんが。その頃まで生きてられるかなぁ・・・先に若返りの薬とか開発されてほしいが。

 

なので現状の対策・改善策は、老化現象を抑えて飛蚊症になりにくくする、あるいは症状を悪化させないようにすることになります。

アンチエイジングってやつですよ。

やべぇ、この言葉を使うってことはもう若くはないってことを自分で認めている気が・・・いや、そんなことはない! まだお兄さんだよ! おっさんちゃうよ!

 

 

飛蚊症対策にはほうれん草が最強説

飛蚊症の対策としてはアンチエイジング・・・つまり老化現象を抑える必要があるわけですが、それには活性酸素を発生させない抗酸化作用の高い食べ物・食品を取ることが必要です。

じゃあ、抗酸化作用の高い成分とは何か? そしてそれらの成分が含まれている食材は何か?ということですよね。

それはこちら

【抗酸化作用の高い成分と、含まれる食べ物】

ビタミンC
レモン、アセロラなど
ビタミンE
アーモンド、落花生など
βカロテン
ほうれん草、小松菜、にんじん、カボチャなど
ルテイン
ほうれん草、ケール、ブロッコリーなど
ゼアキサンチン
ほうれん草、ブロッコリー、トウモロコシ、パパイヤ、マンゴーなど
アントシアニン
ブルーベリー、ナス、紫イモ、黒まめなど

じゃあこれらの食べ物と取るように努力すればいいって話なんでしょうけど・・・流石にこれを意識して食べるってなると種類が多すぎひん? そんなに色々買ってきても、絶対腐らせるわ・・・冷蔵庫の肥やしになるのは間違いない。

 

なのでほうれん草最強説を提唱したいわけですよ。

 

ほうれん草にはβカロテン・ルテイン・ゼアキサンチンの3つの抗酸化作用の高い成分が入ってるわけですから。

とりあえずほうれん草を食っとけばいいんじゃない?ってことですね。

 

 

【まとめ】とりあえずほうれん草。無理ならサプリ

とはいってもね・・・草食動物じゃなるまいし、そのままついばむわけには・・・それにあまり料理しないし、出来ないって人もいるとは思う。

 

そんな人にはおすすめ・・・するほどではないけれど、簡単に食えるのはやっぱ「おひたし」

鍋に水を入れて沸騰させたお湯ン中にほうれん草をぶち込んで、色が濃い緑になったら取り出して水で冷やす。そんで絞って水気を取って切って、盛り付けてかつお節でも添えればオッケー。

しょう油かけて食べればこの時期には丁度いいし、いっぱい作って冷蔵保存もしやすいから毎日も食べやすい。即席ラーメンのトッピングにもしやすいしね。

 

それすら面倒くさい、む~り~な人はサプリでも。

例えばこれとか

にんじん45本分のルテインが1粒で取れる優れもの。アントシアニンも入っているそうなので、抗酸化作用の高いサプリメントですね。

対策の1つとして、是非試してみては?

コメント