【レビュー】『EVE burst error R』プレイ日記《まりなサイド 5日目 9x/12/07》【ネタバレ有】

今回は『EVE burst error R(イヴバーストエラー)』のプレイ日記(まりなサイド 5日目 9x/12/07)をネタバレ有でご紹介したいと思います。

ネタバレ有のあらすじを元に、感想・評価・見どころ・押さえておきたいポイントなどを解説したいと思います。

こんな人に読んでもらいたい!

  • まだプレイしたことないから、軽くどんな内容か知りたい人
  • プレイしたけど忘れてしまったから思い出したい人
  • EVE信者・ファンとして、私と想いや気持ちを共有したい人

この記事を読んで戴ければ、未プレイの人はプレイしたくなるでしょうし、プレイ済みの人はあの時の思いや気持ちを思い出して懐かしさを感じられることでしょう。

小次郎サイド 5日目 9x/12/07はこちら

【レビュー】『EVE burst error R』プレイ日記《小次郎サイド 5日目 9x/12/07》【ネタバレ有】
今回は『EVE burst error R(イヴバーストエラー)』のプレイ日記(小次郎サイド 5日目 9x/12/07)...

まりなサイド 4日目 9x/12/06はこちら

【レビュー】『EVE burst error R』プレイ日記《まりなサイド 4日目 9x/12/06》【ネタバレ有】
今回は『EVE burst error R(イヴバーストエラー)』のプレイ日記(まりなサイド 4日目 9x/12/06)...
スポンサーリンク

【プレイ日記】『EVE burst error R(イヴバーストエラー)』まりなサイド 5日目 9x/12/07

今回はまりなサイドの5日目・9x/12/07のプレイ日記になります。

【あらすじ】まりなサイド 5日目 9x/12/07【ネタバレ有】

ココではまりなサイド 5日目 9x/12/07がどんな内容なのかを、ネタバレ含みつつあらすじとして記載します。

【まりなサイド 5日目 9x/12/07】あらすじ

  1. ヘリコプター内からスタート。少し眠ることに。回想へ
  2. 回想。朝、本部ビルへ呼び出される。辞表を提出していたが不受理。その上で任務を言い渡されるまりな
  3. 誰がエルディア女王に即位するかで変わる任務。さらにエルディア開発の「μ-101」の確認と奪取の任務を受けることになるのだった
  4. 回想終了。海上へと出ていたトリスタン号へと到着する。出迎える女王候補の1人。打ち合わせを済ませ、戴冠式セレモニー会場へ。女王候補とはぐれる
  5. 弥生の部屋へ行くと、小次郎を発見。対峙することに。情報交換。すると汽笛が。間もなく戴冠式。小次郎と別れる
  6. 2人の女王候補と少し会話し、戴冠式がスタート。女王即位。それにより任務が決定。御堂大使を逮捕することに
  7. 場所を把握するべく船内をうろついていると、真弥子・小次郎が慌てて走り去る。彼らが出てきた部屋を見るとエルディア首相が殺されていた
  8. すると本部長から通信。御堂大使を逮捕せよと。まりなは第二機関室へ向かう
  9. 女王と共に機関室へ入ると、御堂大使登場。女王を人質に取る。すると鈴木調査員とシリア登場。投げナイフで御堂大使に手傷を負わせる
  10. 女王を連れて逃げる御堂大使。追いかけるまりな。すると御堂大使が逃げ込んだ船室から悲鳴と銃声が
  11. 強行突破すると、御堂大使が死んでいた。近くには女王。すると爆発音。船が傾き出す
  12. 女王に避難誘導を任せて、第二機関室へ戻る。すると鈴木調査員とシリアが瓦礫に挟まって動けない状況になっていた
  13. 助けられない状況。最後の別れを済ませ、デッキへと上がるまりな
  14. 弥生に遭遇。小次郎と真弥子が避難していないことを知り、女王と共に機関室へ
  15. 奥へ進むとドアが。叩くとレスポンス。小次郎だった。銃でドアノブの破壊を試みるも跳弾し、非常灯が割れて真っ暗に。そしてすごい音が―――まりなサイド終了

5日目は、まさに事件の全貌が明らかになる重要なクライマックスですね。

小次郎サイドの5日目と比べると、このまりなサイド5日目はより内容が濃い印象を受けますね。黒幕との対峙したり、大切な人との別れのシーンがあったりと、とにかく目白押しってカンジだと言えるでしょう。

見どころ・押さえておきたいポイント【ネタバレ有】

ではまりなサイド 5日目 9x/12/07においての見どころや押さえておきたいポイントなどを、感想や評価などを交えてご紹介したいと思います。

まりな側から見る、小次郎との対峙

この5日目の最大の目玉と言ってもいいシーンが、小次郎とまりなが対峙するシーンです。

これは小次郎サイド5日目の記事でも書きましたが、やはり小次郎サイドからの見え方とまりなサイドからの見え方は違いますからね……まりなサイドからの見え方も見どころだと言えるでしょう。

特にまりなサイドから見ると、まりなは小次郎とは違って1つの推理―――1つの筋に固執してない……というか、この先の展開次第では別の黒幕の可能性を視野に入れているのがわかるんですよね。

まぁその辺りは、あの男が言った「もう1人の女王候補を信用してはいない」という言葉あっての可能性なんですけどね。。。まぁだからこそ完全に謎が解き明かされてないので面白さが続くんですけどもw

それにまりなサイドなんですが、意外と小次郎の凄さがわかるシーンでもあるんですよね。

何故かというと、まりなサイドから見ると小次郎がまりなや本部長と同じ推理にたどり着くっていうのは、異常すぎるくらいの推理力だということがわかるからです。

そもそもが絵画捜索からのスタートなわけですから、まりなとは違ってその黒幕にたどり着く筋が全くない状況なのに、それでも同じ結論へ到達したわけですから。。。凄まじいとしか言いようがないですね。

是非とも見え方の違う2人の対峙をご堪能くださいな。

黒幕との対峙!明かされる真実と生まれる謎

小次郎サイドとは違い、まりなサイドでは一連の事件の黒幕を対峙することになります。

この黒幕との対峙・対決にて様々な真実が明かされ、そしてその展開によって幾つかの謎が生まれるんですよね。

《テラー》とは何だったのか、黒幕の目的とは何だったのか、などが語られて明らかになる反面、黒幕が殺されてしまい、その傍らには即位したばかりの女王だけがいたりと、違う謎が生まれたりします。

それに事情を知ってる同士の会話の中にも、不可解な単語が飛び交うんですよね。。。

「まだ生きておられる。それは《テラー》とて同じこと……」とか。「ストールマンから聞いたよ。もう既に、崩壊が始まってるらしいな。あと数日ももつまい」とかね。

この辺りも完全に謎ですよね。はっきりいって何のことだかわからないと思います。

さらに即位した女王に対して疑念を持つようにも誘導してくるんですよ。。。これがまりなの考えていたもう1つの筋ってヤツにつながるんです。

ホントに最終局面なのに色々とやってくれるシーンなんですよ、ココはw  とにかく濃い内容になっていますので、じっくりと時間をかけてプレイしてもらいたいところです。

まりなの恋愛の結末。鈴木の最後

まりなサイド4日目のラストでデートしていたように、まりなは鈴木調査員と恋愛関係に発展し、今回の事件が一息ついたら……なんて約束もするのですが。

そんなまりなの恋愛には、この5日目にてとても切ない結末が訪れることになるんです。

エージェントを辞めるつもりですらいたまりな。もう大恋愛といっても過言ではないレベルにまで燃え上がっていたんでしょうが、結果として成就しない結末を迎えるんです。

鈴木は、多分こうなることは何となくわかっていた―――覚悟していたんだと、思いますね。だからこそ、叶わないだろうと思ったからこそまりなと約束したんだと思います。

そう考えるとまりなを深く傷をつけることを分かってたはずなわけですから、随分と酷い男かもしれませんが「彼女なら大丈夫だろう」とまりなを信じた結果とも言えるので、正直何とも言えない気持ちにさせられます。

そして訪れる最後の時。そのシーンが最高です。

懺悔と共に語られる死への恐怖、そして最愛の娘に一目会いたかったと言い残し、彼の最後が訪れるんです……もうね、言葉が出ないですね、アレは。

そんな様々な結末を、目を見開いてじっくりと見てほしいです。

 

【まとめ】様々なモノが結末を迎えた5日目

5日目の見どころや押さえておきたいポイントなどをご紹介させて頂きましたが、いかがでしょうか。

黒幕の予期せぬ女王即位によっておこる逮捕劇。そして殺人事件。爆破されて沈みゆく船。残された小次郎・真弥子を助けに向かうまりなと女王。

果たして4人は、無事に生還することが出来るのか。そして真の事件の真相は―――こうご期待!ってカンジでしょうか。

この5日目にてまりなサイドは終了となります。

小次郎サイド5日目も終了していますので、ココから共同サイドをプレイしてエンディングの流れです。

次は共同サイド 9x/12/09 のプレイ日記になります。

【レビュー】『EVE burst error R』プレイ日記《共同サイド 9x/12/09~エンディング》【ネタバレ有】
今回は『EVE burst error R(イヴバーストエラー)』のプレイ日記(共同サイド 9x/12/09)とエンディ...

以上。

コメント

タイトルとURLをコピーしました