【レビュー】『EVE burst error R』プレイ日記《まりなサイド 4日目 9x/12/06》【ネタバレ有】

今回は『EVE burst error R(イヴバーストエラー)』のプレイ日記(まりなサイド 4日目 9x/12/06)をネタバレ有でご紹介したいと思います。

ネタバレ有のあらすじを元に、感想・評価・見どころ・押さえておきたいポイントなどを解説したいと思います。

こんな人に読んでもらいたい!

  • まだプレイしたことないから、軽くどんな内容か知りたい人
  • プレイしたけど忘れてしまったから思い出したい人
  • EVE信者・ファンとして、私と想いや気持ちを共有したい人

この記事を読んで戴ければ、未プレイの人はプレイしたくなるでしょうし、プレイ済みの人はあの時の思いや気持ちを思い出して懐かしさを感じられることでしょう。

小次郎サイド 4日目 9x/12/06はこちら

【レビュー】『EVE burst error R』プレイ日記《小次郎サイド 4日目 9x/12/06》【ネタバレ有】
今回は『EVE burst error R(イヴバーストエラー)』のプレイ日記(小次郎サイド 4日目 9x/12/06)...

まりなサイド 3日目 9x/12/05はこちら

【レビュー】『EVE burst error R』プレイ日記《まりなサイド 3日目 9x/12/05》【ネタバレ有】
今回は『EVE burst error R(イヴバーストエラー)』のプレイ日記(まりなサイド 3日目 9x/12/05)...
スポンサーリンク

【プレイ日記】『EVE burst error R(イヴバーストエラー)』まりなサイド 4日目 9x/12/06

今回はまりなサイドの4日目・9x/12/06のプレイ日記になります。

【あらすじ】まりなサイド 4日目 9x/12/06【ネタバレ有】

ココではまりなサイド 4日目 9x/12/06がどんな内容なのかを、ネタバレ含みつつあらすじとして記載します。

【まりなサイド 4日目 9x/12/06】あらすじ

  1. 朝。本部長に起こされる。真弥子は御堂大使に連れていかれた。まりなは査問を受けることに。辞令が出る前に動き出す
  2. エルディア大使館へ入る。御堂大使と会話。すると小次郎がアポなしで面会に来る。真意を探るべく御堂大使に引き入れてもらう
  3. 御堂大使と小次郎の会話を別室で観察。小次郎が盗聴器を仕掛けたことを知り、大使と一芝居して牽制する
  4. 出頭命令が下り、本部ビルへ出頭。まりなは査問を受ける。その最中で考えをまとめた結果御堂大使が怪しいと判断し、内調のデータベースに不正アクセスして一部情報を得る
  5. 不正アクセスがバレて逃げることに。プリンセスホテルで怪しいヤツらを発見し、追跡して廃ビルへ。そこで鈴木調査員と鉢合わせ
  6. 廃ビルを覗くと小次郎が捕まっていた。その様子に気を取られて敵に見つかる。鈴木と協力し、まりなは怪しいヤツらのボスを追う
  7. プリンセスホテルでボスの隣の部屋で盗聴。怪しい雰囲気。隣の部屋へと侵入するも背後から一撃喰らって気絶
  8. 目を覚ます。縛られていた。すると、ある女性が登場。拘束を解いてくれる。外へ出ると船の上だった。
  9. 近くの部屋へと入るとそこには死体。さらにそこに本部長と警察関係者が突入してくる。身柄を拘束されるまりな
  10. 結果としてまりなは無罪放免。どうすることも出来ず部屋へと戻ると鈴木登場。
  11. 鈴木とプールでデートすることに。そこで鈴木の正体が判明。翌日に。4日目終了

4日目はとにかく展開が激しく、まりなが様々なアクシデントに巻き込まれていくってカンジですね。

結果として何かしらの陰謀に加担・巻き込まれていたまりなが、自分なりの信念の為に真実へと近づくためにもがき、そして行動していくっていう展開になってます。

見どころ・押さえておきたいポイント【ネタバレ有】

ではまりなサイド 4日目 9x/12/06においての見どころや押さえておきたいポイントなどを、感想や評価などを交えてご紹介したいと思います。

まりな側から見る、小次郎との様々なやりとり

下記の記事にて、小次郎とまりなとのやりとりや協力プレイが見どころの1つだと書かせて頂きました。

【レビュー】『EVE burst error R』プレイ日記《小次郎サイド 4日目 9x/12/06》【ネタバレ有】
今回は『EVE burst error R(イヴバーストエラー)』のプレイ日記(小次郎サイド 4日目 9x/12/06)...

そんなやりとりや協力プレイを、マルチサイトシステムを利用してまりな側から見るとどう見えるのかというのもまた。見どころの1つなんですよね。

小次郎は、あくまでも自分の視点から可能な範囲でしか推理できないわけで、同じ出来事・イベントであっても、まりなが見ると解釈が違ったりするんですよ。

そこをプレイヤーは同時に見ることが出来るので、それが面白いんですよね。

互いの思惑や思考をそれぞれの視点から見ることが出来るので、互いに会話を交わさずに行われる高次元のやりとりと楽しむことが出来るんです。

それに「裏側ではこんなことが!?」っていうのは知りたくなるのは常ですし、それを知った上で見ると同じ風景も違って見えるものじゃないですか。より物語に引き込んでくる仕掛けだなぁと思います。

是非そういう場面に遭遇したら、小次郎サイド・まりなサイドを頻度多めで切り替えて楽しんでもらいたいと思います。

この段階でも、全く正体が掴めない《テラー》

この4日目では、再び《テラー》による殺人がいくつか行われます(名前アリキャラからモブまで)

今回も二階堂殺害時と同様に、まりなは《テラー》とニアミスする展開を迎えるわけですが、シナリオ終盤のこの段階においても、その正体が全く掴めないんですよね。

殺人が行われればその都度可能性のある人物っていうのは限られていくものなのですが、それでも全く絞られていってない気がすることでしょう。

実はそれもそのはずなんです。なぜならそれは、この《テラー》という言葉・存在に対する情報を一括りにしてしまっているからなんです。

つまり全ての《テラー》を、全てひとまとめにしてはダメということですね。ヒントとしては「今回の殺人は本当の《テラー》の仕業なのか?」ということでしょうか。

まぁぶっちゃけ、この《テラー》にたどり着くにはエンディングまで見ないと無理だとは思います。

果たして《テラー》とは何なのか。この猟奇殺人はどのような結末を迎えるのか。マジで最後まで目が離せませんから!

鈴木との恋愛模様

この『EVE burst error』自体は元々PCゲームでギャルゲー要素を含んでいたこともあって、恋愛模様も描かれています。

小次郎サイドでは何人かの女性との恋愛模様が描かれているのですが、実はまりなサイドでは鈴木との恋愛模様が描かれているんですよね。

普通に考えると「え?小次郎とまりなの恋愛じゃないの?」って思う人が多いでしょうが、実はそのカップリングはないんですよね。。。

きっと同族嫌悪ってやつなんでしょうw 小次郎とまりなは、ある意味ではそっくりですからね……因みにシリーズ作品全てにおいて、そのカップリングはありませんのであしからず。

とはいえ小次郎に負けず劣らずというか、ある意味で鈴木は小次郎以上の魅力を秘めたキャラクターだったりします。

何と言うか全てにおいてスマートなんですよね。。。私もアレくらいの年齢になったら、ああいう老け方をしたいなぁと憧れをもってしまうレベルです。

まりなが惚れてしまうのもしょうがないことなんですよ。吊り橋効果もあるでしょうが、まさにカッコいい男性像を体現しているといっても過言ではないですから。

そんなまりなと鈴木の恋愛が、どのような結末を迎えるのか……そこにも是非注目してもらいたいですね。

 

【まとめ】終幕へと向かう4日目

4日目の見どころや押さえておきたいポイントなどをご紹介させて頂きましたが、いかがでしょうか。

3日目の最後で語られた真実により、この4日目で明らかになる「護衛任務」の真相。そして浮かび上がってくる様々な思惑。日本・エルディア政府の策謀が入り乱れる展開ってカンジですかね。

ココまでで明らかになった真実を胸に、果たしてどのような結末を迎えるのか。見届けた結末の先に、まりなは何を見るのか。こうご期待!ですね!

次は小次郎サイド 5日目 9x/12/07 のプレイ日記になります。

【レビュー】『EVE burst error R』プレイ日記《小次郎サイド 5日目 9x/12/07》【ネタバレ有】
今回は『EVE burst error R(イヴバーストエラー)』のプレイ日記(小次郎サイド 5日目 9x/12/07)...

以上。

コメント

タイトルとURLをコピーしました