【レビュー】『EVE burst error R』プレイ日記《まりなサイド 2日目 9x/12/04》【ネタバレ有】

今回は『EVE burst error R(イヴバーストエラー)』のプレイ日記(まりなサイド 2日目 9x/12/04)をネタバレ有でご紹介したいと思います。

ネタバレ有のあらすじを元に、感想・評価・見どころ・押さえておきたいポイントなどを解説したいと思います。

こんな人に読んでもらいたい!

  • まだプレイしたことないから、軽くどんな内容か知りたい人
  • プレイしたけど忘れてしまったから思い出したい人
  • EVE信者・ファンとして、私と想いや気持ちを共有したい人

この記事を読んで戴ければ、未プレイの人はプレイしたくなるでしょうし、プレイ済みの人はあの時の思いや気持ちを思い出して懐かしさを感じられることでしょう。

小次郎サイド 2日目 9x/12/04はこちら

【レビュー】『EVE burst error R』プレイ日記《小次郎サイド 2日目 9x/12/04》【ネタバレ有】
今回は『EVE burst error R(イヴバーストエラー)』のプレイ日記(小次郎サイド 2日目 9x/12/04)...

まりなサイド 1日目 9x/12/02~03はこちら

【レビュー】『EVE burst error R』プレイ日記《まりなサイド 1日目 9x/12/02~03》【ネタバレ有】
今回は『EVE burst error R(イヴバーストエラー)』のプレイ日記(まりなサイド 1日目 9x/12/02~...
スポンサーリンク

【プレイ日記】『EVE burst error R(イヴバーストエラー)』まりなサイド 2日目 9x/12/04

今回はまりなサイドの2日目・9x/12/04のプレイ日記になります。

【あらすじ】まりなサイド 2日目 9x/12/04【ネタバレ有】

ココではまりなサイド 2日目 9x/12/04がどんな内容なのかを、ネタバレ含みつつあらすじとして記載します。

【まりなサイド 2日目 9x/12/04】あらすじ

  1. 朝。真弥子は学校へ行ってしまっていた。まりなは本部へ行き、真弥子が服用していた薬の成分分析結果を聞く
  2. エール外国人学校へ。真弥子は授業中。時間をあるので友人・弥生とともにプールで息抜きしていると火災報知器が鳴る。陽動だと気づき真弥子の元へ。誘拐されそうになってたところを助ける
  3. 女子寮へ行くと専従講師・シリアが出てくる。不審に思いつつ真弥子の部屋へ入ると部屋が荒らされていた
  4. 真弥子と共に学校屋上で昼食後、真弥子は授業に。まりなは再び真弥子の部屋を見に行くと突如、誰かに背後を取られる。喉元にナイフ。警告を残して去っていく
  5. 本部長に報告すると、犯人が《テラー》と呼ばれる殺し屋の可能性があること告げられ、大使館にて御堂大使にその詳細を聞く
  6. エール外国人学校・ディレクタールームにて恭子と遭遇。互いに捜査員であることを知り、恭子に協力。本棚から目録と原版の片割れを見つける
  7. その日の出来事を本部長へ報告し、部屋へと戻るとFAXが。エール外国人学校・屋上へ呼び出し。気になったまりなは屋上へ向かう
  8. シリア登場。戦闘に。ディレクタールームに隠れると、そこには保険調査員・鈴木がいた
  9. その鈴木から真弥子が学校に来ていることを聞く。直後に悲鳴。真弥子がシリアに捕まったと判断し、鈴木と協力してシリアを撃退。シリアは逃亡
  10. 部屋へと戻る。真弥子は疲れて寝てしまった。すると本部長から電話。《テラー》が出たと。現場へと向かう
  11. 現場は孔の家。不審点がいくつかあり、《テラー》かどうか微妙なところ。とりあえず拠点を移したいとお願いし、部屋へと戻って寝る。2日目終了

2日目は真弥子に対して徐々に過激になっていくことに危機感を覚えつつ、突如としてまりなに牙を剥いてきたシリアとのバトルがメインとなっていますね。

そして謎の殺し屋《テラー》。果たして正体はシリアなのか、はたまた別の誰かなのか。そしてその目的は?その裏には誰が?的な話になっていく展開です。

見どころ・押さえておきたいポイント【ネタバレ有】

ではまりなサイド 2日目 9x/12/04においての見どころや押さえておきたいポイントなどを、感想や評価などを交えてご紹介したいと思います。

謎の殺し屋《テラー》とは?

この作品において重要な語句の1つだと言えるのが、この謎の殺し屋《テラー》です。

中東・西アジア方面で動いている殺し屋で極秘事項扱いされており、インターポールにも情報がリークされていない、まるで雲をつかむような相手。

エルディアで制式採用されているサバイバルナイフを主に扱い、殺した相手の傍に凶器のナイフを置いて立ち去るのがトレードマーク。

だが《テラー》は暗殺者であってテロリストではない。思想も何もない、金で動く殺し屋―――と言れています。

そして今後、この《テラー》が殺人を犯していく展開になります。プレイヤーはこの《テラー》が何者なのか、それを推理するカンジですね。

それを推理する上で重要なのが、この《テラー》という言葉の意味です。

スペルは「Terror」になるのですが、これには様々な意味がありますので辞書や翻訳等で調べながらプレイするとより面白くなります。

作品内でも「《テラー》とは良く言ったものだ」なんてセリフもあったりしますので、これに気付けるかどうかで最後の犯人当てにも大きく影響してくることでしょう。

是非辞書を片手にプレイして頂きたいですね。

シリアの存在

エール外国人学校の専従講師を務める、大きい胸が特徴の外国人女性・シリア。

彼女が何者なのか……実はこのシリアの存在が、まりなサイドのシナリオを複雑化している1つの要因だったりします。

彼女の行動理念というか、彼女が何を考えて行動をしているのか……それが序盤の段階では全く見えてこないんですよね。

御堂真弥子を気遣うような言動が見られる中、彼女を守ろうとしているまりなに「真弥子に近づいてほしくない」と言ったり。その上で「ロス御堂に気をつけろ」と忠告してみたり。

シリアが出てきた直後に真弥子の部屋が荒らされてたり。何やらプリンセスホテルに出入りしてたり。FAXで「シリアに注意されたし」とか送られてきたり。

極めつけは、まりなとのバトルですよね。

まりなに自らの意思で何をさせたかったのか。なぜ《テラー》と同じナイフを使っているのか。敵か味方かすらもわからない……そんな印象を受けるでしょう。

ですが実は、彼女は1つの行動理念に基づいて行動をしています。

それがわかるのはシナリオ後半になってしまうのですが、それがわかった上で彼女のそれまでの行動を思い返してみると「ああ!そういうことか!」となるシーンが多かったりします。

意外と重要な役割を持ったキャラクターですので、注視してプレイしてもらいたいですね。

御堂真弥子の身に起こる危険の度合いが上がっている件

まりなはエルディア大使・御堂から「娘の護衛依頼」を受け、その任務にあたっています。

現状を御堂大使に聞いたら「無言電話・差出人不明手紙など多数。誘拐もあった」とのことでしたが、真弥子本人に聞いたら「車で後をつけられたり、無言電話や知らない人から手紙が届く程度」とのこと。

明らかにそこには差異があることに疑問を感じていた矢先、護衛初日にはひき逃げ未遂、そして2日目には陽動込みの誘拐事件が発生しました。

これは明らかに御堂真弥子の身に起こる危険の度合いが上がっていますよね?って話です。

まりなが護衛についてなければ、確実に大変なことになっていた状況。これはつまり、まりなが護衛についたことで、真弥子へちょっかいをかけている何者かが焦って行動を起こしたってことなのか……って話なんですが。

ですがコレ、実は逆なんですよね。

どういうことかはネタバレが過ぎるので伏せますが、ざっくり言うと「まりなが守ってくれるから危険になった」とでも言えばよいのでしょうかね。

この後も真弥子はどんどん危険な目に遭っていきますが、まりなの活躍によって真弥子は助かります。ギリギリで、いつも助かっていきます。いつもギリギリで。

そこに真弥子が狙われる理由があったりもします。それがわかった時、まりなが不自然に思っていた様々ことに意味があったことがわかるんです。

なぜ真弥子は狙われているのか。誰が狙っているのか。そこには何かしらの目的があるんです。それをこの段階でまりなと共に推理してみてはいかがでしょうか。

 

【まとめ】ナイフの暗殺者《テラー》を知る2日目

2日目の見どころや押さえておきたいポイントなどをご紹介させて頂きましたが、いかがでしょうか。

《テラー》の存在を知ったまりなが、背後を取られてナイフを突きつけられたり、同じナイフと使うシリアとバトルしたり、そして近くで《テラー》がやったと思わしき殺人事件が起きたり、と《テラー》に関わっていく序盤の話でした。

そんな《テラー》の脅威にさらされながら、まりなは真弥子護衛の真実を知る展開へと続きます。果たしてまりなは彼女を守り切れるのか……必見ですね。

次は小次郎サイド 3日目 9x/12/05 のプレイ日記になります。

【レビュー】『EVE burst error R』プレイ日記《小次郎サイド 3日目 9x/12/05》【ネタバレ有】
今回は『EVE burst error R(イヴバーストエラー)』のプレイ日記(小次郎サイド 3日目 9x/12/05)...

コメント

タイトルとURLをコピーしました