「一人暮らしの社会人の食生活は全てコンビニでも問題ない」説を提唱

今回は「一人暮らしの社会人の食生活は全てコンビニでも問題ない」という説を提唱したいと思います。

実際私は毎日コンビニ行きますし、毎日に近いほどコンビニで売っているモノを食べて生活してるからこその提唱です

こんな人に読んでもらいたい!

  • とにかくコンビニ弁当が多い一人暮らしの社会人
  • コンビニをこよなく愛する人
  • 仕事帰りには必ずコンビニっていう社会人

この記事を読んで戴ければ、「そっか 、コンビニでも問題ないのか」と納得していただけるだけでなく、明日から毎日コンビニに向かう気になることでしょう。

 

スポンサーリンク

食事は全てコンビニでも問題ない根拠

そもそも一人暮らしの社会人の皆さんは、自炊をしていますか?

一般的には自炊をした方が経済的にも栄養面的に良いとされていて、嫌々ながらにも自炊しているって人はいらっしゃることでしょう。

ですが、そこに敢えて意見を申したい。

一人暮らしの社会人なら、食事はコンビニをフル活用でも良いのではないかと。

その根拠はいくつかあります。それがこちら。

  • 圧倒的に時短
  • 余計な体力を使わずに済む
  • 気を付ければ栄養面も問題ない
  • 無駄が減る

1つ1つ説明していきます。

 

圧倒的に時短

コンビニで食事を済ませれば、料理をするより圧倒的に時短です。

仮に毎日定時帰り出来て、夜12時に寝る一人暮らしの社会人の場合。帰って来てから寝るまでの自由に出来る時間は5~6時間程度になりますよね。

その中で料理をしようとすると1~2時間程度使うことになるでしょう。1/3も浪費してしまう訳です。

ですがコンビニなら帰りに買ってくるだけですから、その1~2時間がまるまるフリーな時間―――プライベートタイムとして使えます。

人生を豊かにする上で、プライベートタイムは重要ですよね。

その重要なプライベートタイムを、食事をコンビニにするだけで確保出来るのですから、これ以上ない効果であると言えるのではないですか?

もし「コンビニだと自炊するよりお金がかかるからなぁ……」って人は、その確保出来た1~2時間で副業でも始めればいいんです。

節約することより多く稼ぐこと―――複数の稼ぐ手段を持つことは、これからを生き抜く上で重要な考え方だと思います。

簡単に始められるおすすめの副業はこちらです。

 

余計な体力を使わないで済む

「台所に立つ」って言うように、料理をすることは立ち仕事です。

疲れて仕事から帰って来て、その後に1~2時間も立ち仕事をするって馬鹿らしいとは思いませんか?

だったら料理なんかしないでコンビニで食事を済ませ、体を十分に休めて明日の仕事に備える方がよっぽど建設的な考え方ではないかと思います。

余計な体力を使わずに温存し、ゆったりプライベートタイムを満喫しながら心身共にリフレッシュする……そういった過ごし方は社会人にとって大切ではないでしょうか。

 

気を付ければ栄養面も問題ない

「毎回コンビニで食事ってなると、栄養が偏りそう……」って心配される人も多いことでしょう。

ですがそれは「自分が好きで食べたいコンビニ弁当」を食べ続ければそうなるかもってだけで、そこは気を付け次第で解決できる問題なんですよね。

っていうか自炊してる場合だって栄養面を気を付けなければ一緒ですよね。

なのでコンビニで食事をする際は―――

  • 白飯だけは自炊する(炊飯器で炊く)
  • PB(プライベートブランド)のお惣菜系をメインに買う
  • サラダは積極的に買う
  • コンビニ弁当は食べない

―――を気をつければ栄養面は大丈夫です。

コンビニで食事をするなら、おかず(お惣菜メイン)だけを買うようにしましょう。PB商品なら金額も多少は安く収められますよ。まぁ多少ですけど。

また野菜は多めを意識して積極的に食べないと不足しがちですから注意ですね。毎回必ずサラダは買うくらいの気持ちは持っておくべきです。

これでばっちりです。

 

無駄が減る

実際に自炊をしている・したことのある一人暮らしの社会人にはわかる話だと思いますが。

自炊する為に買ってきた食材を、余すことなく全部使いきるって難しくないですか?

最低でも2人以上いるならそれなりに何とか出来たりしますが、1人分だけを作るっていうのは結構食材が余りがちなんですよね。

だからって余らない様に買い物すると手が出しにくい食材が出てきて、栄養面的にどうなの?ってなったりするんですよね。

だったら最初から1人分になっているコンビニの商品を買った方が地球にやさしいと言えるのではないでしょうか。

さらに料理しないのであればガスや電気、水道も節約できますし、かなりエコな生活が送れるのではないかと思います。

 

アプリやポイントカードは利用すべし

上記の理由から、食事はコンビニでもいいんじゃね?ってなったことでしょう。メリットが多いですからね。

ですが「確かにメリットは多いけど、やっぱお金がなぁ……」ってなっちゃう気持ちは理解できます。金銭面は一番のデメリットに感じてることでしょう。

ですがそれはコンビニならではの「節約」をすることで、そのデメリットは緩和されるのではないでしょうか。

つまりアプリやポイントカードの利用ですね。

ココではセブンイレブンで例を挙げますが。

セブンイレブンアプリを利用すると「××円引き」や「無料」のクーポンがもらえたりしますし、Nanaco(ナナコ)カードを利用すればポイントが貯まって、そのポイントで買い物ができたりします。

なので毎回の食事をコンビニにするなら、絶対アプリやポイントカードは利用すべきですね。

この「節約」が出来れば、デメリットなんてないも同然。メリットに押しつぶされちゃうくらい些細なことに感じられることでしょう。

 

【まとめ】やはり一人暮らしの社会人にはコンビニ最強

いかがでしょうか。

「一人暮らしの社会人の食生活が全てコンビニでも問題ない」説は、見事に立証できているのではないかと思います。

やっぱ一人暮らしの社会人にとってコンビニは最強なんですよ。

いつでもやってる安心感。気軽に寄れるカンジ。充実した商品などなど。それこそ挙げたらキリがないくらい寄り添ってくれる頼れる存在だと言えるでしょう。

そんなコンビニに食事の全てを預けてしまってはいかがでしょうか。

 

以上。

コメント

タイトルとURLをコピーしました