スポンサーリンク

仕事をバリバリこなして上司の評価を上げよう!具体的な行動を伴った集中力UP法をご紹介

スポンサーリンク

毎回給与明細を見て思うこと―――「給料上がんないなぁ」

いつも同じ数字がならび、変わってるトコと言えば残業代くらいなもの。基本給や手当が増えてません。

つまり上司に「お前はそんなに仕事出来てない」って思われているってことなんでしょうけど、果たしてそのままで良いのだろうかって思いますよね。

まぁ良い訳ないですよね。ずっと平社員のままで、同僚や部下にも負けるような低給料をもらい続ける人生なんてありえへんわ!って話です。

なので上司に評価してもらいたい。給料上げてもらいたい。誰もが思うことでしょう。

ではどうするか。もっとバリバリ仕事をこなすしかない。

ですがね……私、散漫というか、あまり集中力がないんですよね……。下手すれば10分おきに休憩してるんじゃないかってくらいに。

とはいえ、私と同じような人は結構いらっしゃるのではないでしょうか。

というわけで今回は、上司に良い評価をしてもらえるよう、バリバリ仕事をこなす為に必要な集中力をアップさせるための方法をご紹介したいと思います。

 

 

スポンサーリンク

集中力UP① 自分なりのルーティーンを作る

あの元メジャーリーガーであるイチローが、打席に立った後にする行動は結構有名ですよね。

ルーティーンと呼ばれるものなわけですが、アレは別にたまたまいつも同じ行動になってしまったわけではなく、イチロー自身が意識して同じ行動―――ルーティーンをしています。

実は人間にはルーティーン―――つまり「反復」に対してモチベーションを高めるようなプログラムが脳内に備わっているのです。

そしてルーティーンはある意味洗脳に近いものがあり、高まったモチベーションを相まって凄まじい力―――集中力を生み出してくれるのです。

そのルーティーンによって生み出された集中力を、あのイチローは利用しているというわけですね。だからこそあれだけの記録が残せていると言っても過言ではないでしょう。

なので我々も、これを利用すればいい訳です。

つまり仕事をする前に自分なりのルーティーンを作れば、仕事中に凄まじい集中力が発揮できるという寸法です。

例えば毎回仕事をする前に「机の上を拭く」とか「大好きな銘柄の飲み物を飲む」とか「ペンを10回回す」とか。

とにかく何でも良いのですが、ポイントは2つ。

POINT!

  • 「このルーティーンをしたら必ず仕事を始める」と決めておく
  • 決めたルーティーンを毎日繰り返す

なるべく例外を作らず、何日も繰り返すことで文字通り「ルーティーン」になるわけです。

なので毎日行い、2ヶ月は続けてください。そうすることで効果が現れてくることでしょう。

 

 

集中力UP② 何でもいいから記録をつける

記録を定期的に残し続けると集中力がアップします。

日記でもブログでも何でも構わないのですが、ぶっちゃけなぜ?って思うかもしれません。ですがこれにはちゃんとした理由があります。

まず「記録」というのは簡単な作業ですが、こなすことである程度の達成感が得られます。

この達成感は脳内にドーパミンが放出し、それが注意力やモチベーションを引き出しますから、それにより集中力が向上します。

またそれを継続して行うことで「自己効力感」が増します。

「毎日継続して行うようなことはなんだからこれは大事なことなんだな。しかもそれを毎日ちゃんと出来ている……つまり自分は、できる人間なのだ!」と自信がつくわけですね。

そうすれば当然仕事に対するモチベーションが高まり、さらに集中力が増すわけですね。

なので、何らかの記録を付けると良いでしょう。

個人的にはブログなんかはおすすめですが、自分なりのルーティーン同様で継続してこなしてこそ意味のあることです。

なので毎日行い、2ヶ月は続けて行えるような記録が望ましいですね。そうすることで飛躍的に集中力は伸びてくることでしょう。

 

 

集中力UP③ 小さな我慢をする

ココで言う「小さな我慢」とは、90%くらいの確率で我慢できるような「心や体にかかる負荷」のことです。たまに失敗するくらいの我慢ってことですね。

では、なぜそのような「小さな我慢」が必要なのかです。

それは日常的に小さな我慢を繰り返している人の方が、集中力が途切れにくいからです。

小さな我慢が出来る―――つまり欲望に対する耐性が強いので、誘惑に負けず目の前のことに集中できるというわけですね。

また「小さな我慢」もまた、「自己効力感」を増してくれます。

つまり「小さな我慢」を繰り返すうちに「自分はこんなにも我慢が出来るんだ! 自分の未来は自分でコントロールできるんだ!」と思えるようなり、我慢に対するモチベーションが上昇し、集中力が増すわけです。

なので日々の生活の中で、ちょっとした「小さな我慢」をしてみると良いでしょう。

例えば仕事中に休憩したくなったらあと5分だけ続けてみるとか、ですかね。

とにかく大抵は成功できるような「小さな我慢」であることが大事ですが、100%成功するようなことだと我慢してるとは脳が思ってはくれないので、たまに失敗する程度の我慢を選んでください。

 

 

【まとめ】毎日コツコツ2ヶ月やって成果を得よう

ある研究では、無理なく継続して行えるようになるには「最低週4日以上、6週間以上」の徹底した継続が必要であるという結果が出ています。

上記の3つも同様で、継続して行なわないと効果が得られないものです。

なので毎日(週5日勤務)行い、二ヶ月(8週間)は継続して行いましょう。そうすることで今まで以上の集中力を手に入れることが出来ますから。

その手に入れた集中力でバリバリ仕事をこなし、同期入社の同僚に差をつけて上司に一目置かれるような優秀な社員になってもらえたら幸いです。

 

 

以上。

コメント

タイトルとURLをコピーしました