【仕事を辞めたいけど決断できない社会人必見!】辞められない5つのパターンとそれぞれの対処法

今回は仕事を辞めたいと思っているけど決断できない5つのパターンと、その対処法を解説したいと思います。

辞めたい理由ははっきりしているのに、辞める決断が出来ない理由はわからない……そんな矛盾にも近い問題を解決します

こんな人に読んでもらいたい!

  • 「仕事を辞めたいけど……」と、そこで止まってしまう人
  • なぜ仕事を辞める決断が出来ないか、わからない人
  • 仕事を辞める決断がしたい人

この記事を読んで戴ければ、自分が仕事を辞められないのがわかるだけでなく、辞める決断もできるようになることでしょう。

 

スポンサーリンク

パターン① 辞める勇気が出ない

「漠然とした不安があって勇気が出なくて……」と考えてしまって決断できないパターンです。

 

理由:「なぜ辞めたいと思ったのか」「辞める必要があるのか」が明確ではないから

辞めようと思ったが、それが「なぜ辞めたいと思ったのか」そして「辞める必要があるのか」をキチンと考えられていないのが、決断できない理由です。

嫌なことやツライことがあって、あるいは経済的なこともあって、辞めたいと思ったのでしょう。

ですが、それはどちらかと感情論的な話で止まってしまっているんです。論理的に物事を考えられていないから、漠然とした不安が押し寄せてしまうんです。

何のきちんとした考えもなく、ただ辞めたい一心で行動が起こせる人は、かなりの楽天家か能天気な人だけですので、普通の人は勇気が出なくて当たり前なんですよ。

 

対処法:まずはじっくり考えてみる

対処法としては、今の状況を含めてじっくり考えてみることが大事です。

なぜ辞めたいのか、その理由を明確にすること。そしてそれは辞めることでしか解決できないのかを考えることです。

もし仮に上司や先輩、同僚に相談することで解決出来るのであれば、辞める必要はないことでしょう。

経済的・給与面的な話で辞めたいと思ったなら、転職することで果たして給与は上がるのか、転職サイトなどをよくチェックしてから考えると良いですね。

色々じっくり考えて、最終的に「これは辞めることでしか解決できない」という考えに至ったのなら、その時はちゃんと辞める決断が出来ることでしょう。

 

パターン② 会社に迷惑をかけたくない

「辞めたら会社や同僚に迷惑がかかるかもしれないから……」と考えてしまって決断できないパターンです。

 

理由:余計な心配をし過ぎている

気持ちはわかります。

自分が辞めてしまうと「今抱えている自分の仕事を誰かに任せなきゃいけないから負担になってしまうだろう」とか「人手不足になって確実に迷惑をかけてしまうだろう」とか考えてしまって、辞めにくいという気持ちから決断できないのでしょう。

ですがそれは貴方が心配する必要がないことなんです。つまりは余計に心配し過ぎているんですよ。

それは会社が考えれば良いことで、その部署を回す上司が心配すれば良いことなんです。貴方が心配する必要のないことなので、心配し過ぎとしか言えないことなんですよ。

それに意外と1人くらい辞めたところで、どうにかなるものですよ。会社側もそう考えていますし、それを含めた人員配置をしているものなんですから。

 

対処法:「迷惑をかけること」より「自分の人生」を心配する

心配し過ぎ・心配するなと言った所で、そう思ってしまうことはどうしようもないことでしょう。

なので「迷惑をかけてしまう」と心配することよりも、続けることで悪い方向へと行ってしまうかもしれない「自分の人生」を心配しましょう。

会社に迷惑をかけるかもしれませんが、それはきっと会社が何とかするでしょう。ですが貴方の人生は貴方にしかどうにかできませんし、誰もどうにかしてくれません。

「迷惑をかけてしまうかも」と心配して辞める決断が出来ずに仕事を続けてしまって、貴方の人生が狂ってしまってもいいんですか? 嫌ですよね?

なら迷惑をかけてしまうかもしれませんけど、自分の人生を優先しましょう。それが正しい人生における選択なんですから。

 

パターン③ 上司に言いにくい

「上司が怖くて、ちょっと言いにくいんですよ……」と恐れてしまって決断できないパターンです。

 

理由:コミュニケーション能力不足

直接「仕事を辞めたい」と伝える上司が怖くて言いにくいとか、一度も話したことのない上司に「仕事を辞めたい」と言うのはちょっと……と不安になってしまい決断できない人もいることでしょう。

それは言うならば、コミュニケーション能力が不足していることを原因であると言えますね。

普段から上司とのコミュニケーションを大事にしていれば、多少言いにくいことでも伝えられるような環境づくりというのが出来ているでしょうし、初対面の人と会話がしにくいというのはコミュ障気味であると言わざるを得ません。

まぁ中には元から怒りっぽくてコミュニケーションを取る以前の態度の上司もいますから、一概には言えませんけどね。

ですが社会人としては必要最低限のコミュニケーション能力ではあるとは思います。まぁ辞めたいと思っている今更どうにか出来るような話ではないのこともまた、重々承知しています。

 

対処法:なるべく会話しないで意思を伝える or 退職代行サービスを利用

なので承知した上での対処法ですが、主に2つです。

一つはなるべく会話をしないで退職の意思を上司に伝えることです。

コミュニケーション能力があまりない―――つまりは上手く会話が出来ないのでしょうから、会話以外の方法で伝えるしかありません。

例えば退職願を書いて渡したり、あるいはメールでそれとなく伝えたりとかです。あるいは仲の良い同僚などから伝えてもらうのも手だとは思います。

もちろん退職する上で完全に「会話なし・コミュニケーションなし」というわけにはいきませんけど、少しでも会話の回数を減らせるようにすることは出来ますよ。

もう一つは退職代行サービスを利用することですね。

 

退職代行ガーディアン


  • 合同労働組合が行うので違法性なく安心・確実
  • 即日から出社せず退職
  • 料金一律。追加料なし
  • 会社や上司へ連絡不要
  • 代理人として交渉可能

その日から出社せずに、しかも会社の誰とも会話せずに仕事を辞めることが出来るって、楽ですよね。是非利用してみてはいかがでしょうか。

 

退職代行サービスのNEXT


  • 着手金無料
  • 電話にて全て完結
  • 日本全国即日対応
  • 弁護士が退職を代行
  • 退職以外のサポートの万全

未払給料・残業代・退職金の請求、残っている有給の処理なんかもやってくれるので安心ですね。是非利用してみてはいかがでしょうか。

これならば一言も会話することなく、仕事を辞めることが出来ることでしょう。

 

パターン④ 上司に引き止められる

「引き留められると、つい負けちゃいそうで……」と意見を曲げそうで決断できないパターンです。

 

理由:耳障りの良い言葉に惑わされ過ぎ

上司っていうのは、基本的に引き止めてきますよね。

「君がいないとダメなんだ!」的な印象を含んでいそうな言葉を巧みに使って、貴方を会社の残らせようとしてきます。そんな言葉に辞めようとしていた決断を曲げられてしまうのでしょう。

ですが、そんな耳障りの良い言葉に惑わされてはいけません。

確かに自分を必要としてくれていると感じる言葉って嬉しくなりますから、ついつい「もう少し頑張ろうかな」と思ってしまいがちです。

ですがぶっちゃけそう聞こえるだけで、上司はそんなことを思って貴方を引き止めているわけではありません。もっと打算的です。

上司の考えていることは「コイツに辞められて、新しく人を入れて教育するのは面倒くさいな……だったら引き留めておくか」くらいの気持ちでしかないことがほとんどですから。

それに上司は貴方を引き留めたところで、貴方の今後の人生の責任をとるつもりなんてこれっぽっちもありません。所詮は自分のことしか考えてませんから、そんな言葉に惑わされてはダメなんです。

 

対処法:引き止めにくい理由を考えておく

上司が引き止めにくい退職理由を事前に考えておき、それを伝えれば良いでしょう。

「給料が安いから」とか「人間関係がちょっと…」とかだと、上司に「改善するから考え直してくれ」と引き止められますからね。

そうではなく「実際に辞めたい理由」とは別の、嘘でもいい「引き止めにくい退職理由」を考えて、それを伝えるようにすれば問題ないことでしょう。

責任を取る気がないわけですから、そう言われたら何も言えねぇよっていう理由を語っておけば良い訳です。大抵の場合は嘘でもわかりませんしね。

「じゃあ実際にどんな理由なら良いの?」についてはこちらの記事をどうぞ。

【意志が弱い社会人必見!】上司が引き止められない・引き止めにくい退職理由
今回は引き止められるとついつい折れちゃう意志が弱い社会人必見!上司が引き止められない・引き止めにくい退職理由をご紹介した...

 

パターン⑤ 辞めた後が心配

「辞めた後の転職先とか金銭的な不安があって……」と考えてしまって決断できないパターンです。

 

理由:明確な人生設計が出来てない

辞めた後のことが不安……というのは誰しもが思う、普通のことです。

いわゆる現状維持バイアスというやつなわけですが、それでは一歩も前に進めないので前もって綿密で明確な人生設計をすることで不安を取り除く必要があるわけです。

なのでその明確な人生設計が出来ていないことが「辞めた後が不安」で仕事を辞める決断が出来ない理由なのです。

不安になる要素としてあるのが―――

  • 次の仕事に就けるのか不安
  • 今と同じ以上の給料がもらえるか不安
  • 新しい職場環境に対する不安
  • 良い人間関係が築けるか不安

―――などが挙げられます。

こういった不安に対する対策をとっていない―――つまりは明確な人生設計が出来ておらず、それに伴く行動が出来ていないから決断できないのです。

 

対処法:仕事を辞める前から転職の準備をする

なので対処法は、仕事を辞める前から転職の準備をすることで不安を解消しておくことですね。

例えば上記に挙げた不安に対してだったら―――

  • 今の仕事を辞める前から就職活動して内定をもらう
  • 転職口コミサイトを閲覧する
  • 貯金をしておく

―――などの人生設計に伴う行動をとっておけば、不安を解消することが出来ることでしょう。

「まだ勤めているのに、次の会社との手続きを進めていいのかなぁ」という気持ちにさせられるかとは思いますが、それは普通に社会人に認められている権利ですので行使しましょう。

今の仕事をしながら、明確な人生設計を元に準備に準備を重ねること。

これは例え仕事を辞めない決断をしてもしておくことは大事ですから、そのつもりで日々過ごしてみてはいかがでしょうか。

 

 

【まとめ】対処法を用いて、早めの決断を

いかがでしょうか。大抵は上記の5つに分類されることと思います。

それに対する対処法をまとめると―――

POINT!

  • なぜ仕事をやめたいのか、じっくり考える
  • 自分の人生を心配する
  • 会話をしないで退職意思を伝える or 代行を利用する
  • 引き留めにくい理由を考えておく
  • 退職前から転職準備をしておく

―――になります。

総じて言えることですが、どうしたって辞めたい理由があるのなら、なりふり構わず上記の対処法を用いて少しでも早い決断をするべきです。

それは辞める決断であろうと、辞めない決断であろうとです。

決断は遅くなれば遅くなるほどにタイミングを失っていくものですし、時間は有限ではありませんから悩み過ぎて無駄にするべきではないですよね。

よりよい人生を送る為に、決断できない自分とは早めにさよならしましょう。

 

以上。

コメント

タイトルとURLをコピーしました