【ぼっちと仕事】仕事を辞めるつもりなら、何があっても折れるな。会社は人生の責任を取ってはくれないんだから。

スポンサーリンク

「もう駄目だ!この仕事辞めたい!」と、感じることって幾度となくあることだろう。

そう思って実際に転職した人もいるかとは思うが、いざ退職の意思を伝えたものの、上司に引き留められてそのままズルズル続けちゃっているって人って結構いるのではないだろうか。

 

スポンサーリンク

上司が引き留めてくるのは、その方が楽だから

辞表を提出すると大抵は引き留めてくる。「何か不満があるのなら、それを改善するよう努めるから」とか、そういう言葉で巧みに攻めてくるのだが、ココで「じゃあもう少し残ってもいいかな」と心が折れる人って結構居ることだろう。女性の方は特に多いのだが、その決断は駄目。それでは相手の思うツボ。

なぜか。気付いてほしい。その上司は一緒に働いているにも関わらず貴方の不満が分からなかったということを。そうなる前に何度となく不満を伝えているはずなのに、その上司はそれでも対処しなかったということを。

つまり、貴方の存在を軽視しているということなのだ。

もし本当に辞めてほしくないと思っているなら、貴方が辞める意思を固める前に気付いて改善に努めているはず。それをしていないってことは最初っから使い潰す気マンマンだってことだ。間違いない。

ぶっちゃけ上司は「別に辞められたら辞めれたでしょうがないけど、まだ使えそうだからとりあえず引き留めとくか」くらいの気持ちで言っている。あるいは「大して必要な奴じゃないけど、新しい人を雇って一から教えるよりは居てもらった方が楽か」くらいの気持ちで言っている。

最低だと感じることだろう。つまり上司の心の根幹には「代わりはいくらでもいる」って気持ちがあるのだ。それに付き合う必要なんてない。

 

仕事を辞めると決めたら、絶対折れない。

辞めると決めたら自分のことだけ考えて、「立つ鳥跡を濁さず」とかいう言葉に流されず、強い意志を持って行動するべきである。会社に所属する上司たちが自分のことしか考えてないんだから、こっちも自分のことだけを考えて行動すべきなのだ。

なにせ会社は、こっちの人生の責任は取ってくれない。

なので仕事と辞めると決めたら、何を言われても折れない心が必要だ。きっと色々言ってくることだろう。「代わりの人が入社するまで待ってくれないか?」とか。「今忙しい時期だから、そこを乗り越えるまでは」とか。ついつい心が折れてしまい「それなら……」って言ってしまいたくなる気持ちも分からなくはないが、そんなの先延ばしにして有耶無耶にしようとしてるだけだから。

心が折れない自信がないのなら、辞めざるを得ない状況を退職理由にでっち上げるのが良い。両親の体調が悪くて付きっきりの介護が必要とか。家業を継がなければならないとか。


とにかくどんなことをしても心が折れないよう努めること。どうしたって自分の心の内には「転職に対する不安」や「就活の面倒くささ」があり、心はそんな内部攻撃も喰らってしまうが、そこは何としても耐えること。ダラダラとその仕事を続けても、人生という限られた時間を無駄に使い潰すだけだから。

自分の人生、自分が一番幸せに生きられる選択。……もちろん自己責任だがw。あー仕事辞めたい……ってていうか仕事自体をしたくないわ……

以上。

コメント