【ぼっちと仕事】仕事をして稼いだお金で支払いをするために、人は生きているといっても過言ではない現実。

スポンサーリンク

仕事をして、お金を稼ぐ。大人になれば、ニートでもない限りは皆同じだろう。人は生きていく為にお金が必要で、お金を稼ぐ為に仕事をしなければならない。

もちろん正直なことを言えば、お金持ちの家に生まれたかった……ビルゲイツの息子とか、スティーブジョブズの息子とかに。そうなれば仕事しなくてもきっと生きていけるはず。親のスネをかじりまくって生きていきたい。

つまり、言いたかったことは1つ。仕事したくない

大体おかしいくないだろうか。生きる為に仕事してるのに、人生の大半が仕事の時間に取られるって。仕事量が増えても給料が増えないのに背負う責任は増えるって。

だれか、助けて。

 

スポンサーリンク

何の為に生きているのか分からなくなる

この国で生きるっていうのは、仕事をすることが前提。これって言い換えれば、この国で生きるっていうことは、お金を支払うことが前提ってことだ。生活費はもちろんだけど、税金というものを支払わなきゃいけない。

その昔、フリーターだった頃。この税金に大分苦しめられた経験がある。

正社員ではそんなことないがアルバイトの場合、は雇用形態によって市民税が給料から天引きされる所もあればそうじゃない所があったりする。それを確認せずに天引きされていると思っていたら実は引かれてなくて後からまとめて支払う羽目になったりとか。複数掛け持ちしてた時に、自分で確定申告しなかったら後から追徴課税取られたりとか。

正社員になってからは全部会社がやってくれるからあまり感じないけど、給料明細を見て結構引かれてるのにびっくりしたのは社会人2年目の時だった。市民税がびっくりする金額になってたわ。稼いだ金額によって決まるっていうのを当時知らなくて。

話を戻して。そうやって支払いばかりが増えてくると、その為に仕事してるんじゃないかって気になる。

生きる為に仕事をしているのか、それとも仕事をする為に生きているか、が分からなくなる

特に仕事に対して何の生きがいも感じられず、ただ生活費を稼ぐ為に仕事をしている人はずっしりと感じることだろう(確信)仕事が辛くなって、仕事を辞めたいって思うんだけど、でも税金とか払い続けなきゃいけないから仕事を辞められないって思っている人も多いはず。

何て世の中だ!

以上。仕事をしたくないぼっちの嘆きだった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました