【amazon】audible(オーディブル)はライトノベル好きのぼっちを満足させられるのか調査した件。

スポンサーリンク

audible(オーディブル)をご存じだろうか。オーディオブックを提供してくれるamazonの月額サービスの1つで、本を朗読してくれるアプリのことだ。最近amazonはこれに力を入れている。

確かに本を読むっていうのは「ながら作業」っていうのがしにくい。なので時間を有効活用出来そうではあるのだが……実際ライトノベルくらいしか読まないぼっちに、果たして向いているサービスなのか。

audible(オーディブル)とは何ぞやの説明と、そしてライトノベルにどれくらい対応しているのかについてまとめてみた。

 

スポンサーリンク

本を「朗読」で聞くaudible(オーディブル)

朗読をスマホで簡単に聞こうというのが、このaudible(オーディブル)。

家事で忙しくて手を離せない人とか、通勤時間に読みたいけど満員電車過ぎて本を開けない人とか、そういった本を読みたいんだけど中々出来ない人をターゲットにしているサービス。ジョギング中とか寝付くまでの時間とかを活用し、ビジネス書の朗読を聞いてスキルアップを図ったりも可能だと謡っている。

 

audible(オーディブル)の料金・システム

月額1500円。毎月1コインもらえ、そのコインと聞きたい本を交換するシステム

途中まで聞いてから別の作品に交換することも出来る。途中まで聞いて「これ、面白くねぇんだけど。ああ、損したぁ」なんてことにはなりにくい。購入した分は自分のものになるので、解約しても聞くことが可能。

導入手順や使い方も比較的簡単。

【導入手順】

  1. amazonアカウントで無料体験へ登録
  2. アプリをダウンロード
  3. アプリを起動し、好きな本を選んでダウンロード

あとは聞くだけ。ダウンロードしているのでオフラインで聞くことも可能。

 

audible(オーディブル)に収録されているコンテンツ

収録されている本のジャンルはこちら。

【本のジャンル】

  • 名作文学
  • 現代文学
  • 時代小説
  • ミステリー・ホラー
  • SF・ファンタジー
  • 絵本・児童書
  • ライトノベル・BL・声優
  • 自己啓発 (生き方)
  • 自己啓発 (成功法)
  • 自己啓発 (人間関係)
  • ビジネス (資産運用)
  • ビジネス (マーケティング)
  • ビジネス (キャリア)
  • 語学
  • 評論・対談
  • 社会・政治
  • ヒーリング
  • 落語・寄席・演芸
  • 洋書
  • 英字新聞・雑誌   など

結構幅広く対応してるようだが、ネットで調べてみると若干コンテンツが少ないと感じているユーザーも見受けられる

もちろん出版されているものを全て網羅しているわけではないので、読みたいと思っている人気作や話題作はない可能性もあるだろう。出版社側も全部が全部朗読にしていいと許可しないだろうし、本として読みたいニーズと朗読を聞きたいニーズの作品が同じとも限らないので難しいところか。

では、ライトノベルが好きなぼっちのニーズを、audible(オーディブル)は叶えてくれているのか。

 

audible(オーディブル)で聞けるライトノベルは?

基本的ライトノベルくらいしか読まないっていうぼっちの人に、果たしてこのaudible(オーディブル)は使えるのか。

気になるのはaudible(オーディブル)で聞けるライトノベルがどのくらいあるのか、どんなものなのかだりろう。その調査結果を紹介する。ぬるヲタレベルなのはご容赦を。(※2018年11月14日時点)

 

この素晴らしい世界に祝福を!

元は「小説家になろう」で掲載されていたweb小説で、既にアニメ化もされ、映画化も決定している人気作。このブログでも取り上げている、現実逃避したいぼっちが大好きな「異世界転生モノ」。

ナレーションは、現在時点でアニメ版声優の雨宮 天さん(アクア)、高橋 李依さん(めぐみん)、茅野 愛衣さん(ダクネス)が担当。また、オーディオブック特別短編集では福島潤さん(カズマ)が朗読。

注意点としてはドラマCDではないってこと。なのでそれぞれのキャラの声を担当するわけではない。あくまでも声優さんが作品を朗読してくれるってこと。

【2019年版】おすすめ異世界転生・召喚マンガランキング【名作・マイナー・話題作・アニメ化作品まで】
もし異世界に転生したら、あるいは異世界に召喚されたら……そんな妄想を絶対にしたことがあるぼっちにおすすめの異世界転生・召喚マンガを、ランキング形式でgご紹介。【ランキング条件・基準】 完全に独断と偏見による 読んだことのある作品のみ

 

ゼロの使い魔

漫画・アニメ・ゲーム化もされているヤマグチノボル先生の代表作。癌でお亡くなりになった先生の代わりに別の先生が代筆し、完結された作品であることは広く知られている事実だろう。

ナレーションは釘宮 理恵さん(ルイズ)が担当。あのツンデレクイーンの声で全編語られるとなると、かなりの聴きごたえがあることは間違いない。

 

通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか?

先月の2018年10月21日にアニメ化が決定したばかりの、第29回ファンタジア大賞の大賞受賞作品。オンラインゲームを主としたタイプのファンタジー作品になる。

ナレーションは茅野 愛衣さんが担当。アニメでも作品内の主役であるお母さん・大好 真々子の声を担当することが決定している。

アニメ化はまだ発表されたばかりでいつからの放送なのかも未定だが、先に朗読から入ってそのあとにアニメを見るという流れだとどんな風に感じるのかが、ちょっと気になるところ。(※追記 2019年7月より放送予定)

 

それ以外の比較的有名なタイトル

それ以外の比較的に有名なライトノベル作品はこちらです。

【audible(オーディブル)で聞けるライトノベル】

  • オーバーロード
  • 幼女戦記
  • 無職転生 ~異世界行ったら本気だす~
  • スレイヤーズ
  • フルメタル・パニック!
  • ロードス島戦記
  • 盾の勇者の成り上がり
  • フェアリーテイル・クロニクル
  • 職業、商人
  • 魔法少女育成計画
  • スクールライブ・オンライン
  • ランジーン×コード
  • モテモテな僕は 世界まで救っちゃうんだぜ(泣)
  • 這いよれ!ニャル子さん
  • バカとテストと召喚獣
  • 犬とハサミは使いよう    など

上記の中にはアニメ化やドラマCD化されている作品も多々あるが、全ての作品が声優ナレーションというわけではない。なので出演している声優さん目当てなぼっちの人は注意が必要。アスミンの声で這ってはくれないし、めぐさんの声でドラゴンを跨いではくれない。あしからず。

 

【まとめ】気になるタイトルがあるのなら、まずは体験を

audible(オーディブル)でライトノベルだけを聞こうとすると、まだ若干タイトルが少ないかなという印象を。あとBL作品も多く、ある意味では腐女子向けなのかも。今後に期待したい。

もし上記で挙げたライトノベル作品の中に聞いてみたいものがあるのなら、とりあえず体験で最初の1冊が無料でなので、ぜひ試してみてはいかがだろうか。

コメント